メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

アプリケーションの Auto Scaling ScalingPolicy StepScalingPolicyConfiguration StepAdjustment

StepAdjustment は、集計された CloudWatch メトリクスの値とアラームに定義した違反しきい値 (違反のサイズ) の差分に基づくスケーリング調整を設定する アプリケーションの Auto Scaling ScalingPolicy StepScalingPolicyConfiguration プロパティのプロパティです。詳細については、Auto Scaling ユーザーガイドの「ステップ調整値」を参照してください。

構文

JSON

Copy
{ "MetricIntervalLowerBound" : Number, "MetricIntervalUpperBound" : Number, "ScalingAdjustment" : Integer }

プロパティ

MetricIntervalLowerBound

違反サイズの下限。 下限は違反しきい値と集計 CloudWatch メトリクス値の差分です。メトリクス値が下限と上限内にある場合、アプリケーションの Auto Scaling はこのステップ調整値をトリガーします。

メトリクス値が違反しきい値を超えている場合は、メトリクスは、このステップ調整値をトリガーするには、しきい値に下限を足したもの以上でなければなりません (メトリクス値を含みます)。メトリクス値が違反しきい値より少ない場合は、メトリクスは、このステップ調整値をトリガーするには、しきい値に下限を足したものを超えていなければなりません(メトリクス値は含みません)。 null 値は、負の無限大を示します。

Required: Conditional。上限または下限を少なくとも 1 つ指定する必要があります。

Type: Number

MetricIntervalUpperBound

違反サイズの上限。 上限は違反しきい値と CloudWatch メトリクス値の差分です。メトリクス値が下限と上限内にある場合、アプリケーションの Auto Scaling はこのステップ調整値をトリガーします。

メトリクス値が違反しきい値を超えている場合は、メトリクスは、このステップ調整値をトリガーするには、しきい値に上限を足したものより少なくなければなりません (メトリクス値は含みません)。メトリクス値が違反しきい値未満の場合は、メトリクスは、このステップ調整値をトリガーするには、しきい値に上限を足したもの以下でなければなりません(メトリクス値を含みます)。 null 値は正の無限を示します。

Required: Conditional。上限または下限を少なくとも 1 つ指定する必要があります。

Type: Number

ScalingAdjustment

スケーリング対象量。 AdjustmentType正の値の場合、現在のキャパシティーに追加され、負の値の場合、現在のキャパシティーから削除されます。

Required: Yes

Type: Integer

このページの内容: