メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS CloudFormation AutoScaling Block Device Mapping プロパティタイプ

AutoScaling Block Device Mapping タイプは、AWS::AutoScaling::LaunchConfiguration タイプの埋め込みプロパティです。

構文

JSON

Copy
{ "DeviceName" : String, "Ebs" : AutoScaling EBS Block Device, "NoDevice" : Boolean, "VirtualName" : String }

YAML

Copy
DeviceName: String Ebs: AutoScaling EBS Block Device NoDevice: Boolean VirtualName: String

プロパティ

注記

各プロパティの制約と有効な値の詳細については、Auto Scaling API リファレンスの「EBS」を参照してください。

DeviceName

Amazon EC2 内のデバイスの名前。

Required: Yes

Type: String

Ebs

Amazon Elastic Block Store ボリューム情報。

Required: ConditionalVirtualName または Ebs を指定できます。両方を指定することはできません。

Type: AutoScaling EBS Block Device

NoDevice

デバイスのマッピングを抑制します。NoDevice がルートデバイスに対して true に設定されている場合、インスタンスの Amazon EC2 の正常性チェックが失敗する場合があります。インスタンスの正常性チェックが失敗した場合、Auto Scaling によって代替インスタンスが起動されます。

Required: No

Type: Boolean

VirtualName

仮想デバイスの名前。名前は ephemeralX 形式である必要があります。ここで、X は、0 から始まる番号です (例: ephemeral0)。

Required: ConditionalVirtualName または Ebs を指定できます。両方を指定することはできません。

Type: String

このページの内容: