メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS Batch JobDefinition Volumes

Volumes プロパティタイプで、ジョブ定義で使用するコンテナのデータボリュームを指定します。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

Copy
{ "Host" : VolumesHost, "Name" : String }

YAML

Copy
Host: VolumesHost Name: String

プロパティ

Host

Host パラメーターの内容により、データボリュームがホストコンテナインスタンスで保持されるかどうか、保持される場合はその場所が決まります。Host パラメータが空の場合、Docker デーモンはデータボリュームのホストパスを割り当てますが、関連付けられたコンテナの実行が停止した後にデータが保持されるとは限りません。

必須: いいえ

タイプ: AWS Batch JobDefinition VolumesHost

更新に伴う要件: 中断はありません。

Name

ボリュームの名前。最大 255 文字の英字 (大文字と小文字)、数字、ハイフン、アンダースコアを使用できます。この名前は、コンテナ定義 MountPointsSourceVolume パラメータで参照されます。

必須: いいえ

Type: String

更新に伴う要件: 中断はありません。

このページの内容: