メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS Batch JobDefinition VolumesHost

VolumesHost プロパティタイプで、データボリュームがホストコンテナインスタンスで保持されるかどうか、保持される場合はその場所を指定します。Host パラメータが空の場合、Docker デーモンはデータボリュームのホストパスを割り当てますが、関連付けられたコンテナの実行が停止した後にデータが保持されるとは限りません。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

Copy
{ "SourcePath" : String }

YAML

Copy
SourcePath: String

プロパティ

SourcePath

コンテナに渡すホストコンテナインスタンス上のパス。このパラメータが空の場合は、Docker デーモンによってホストパスが割り当てられています。VolumesHost パラメーターに SourcePath の場所が含まれている場合、データボリュームは手動で削除するまでホストコンテナインスタンスの指定された場所に保持されます。SourcePath の場所がホストコンテナインスタンスに存在しない場は、Docker デーモンによって作成されます。その場所が存在する場合は、ソースパスフォルダーの内容がエクスポートされます。

必須: いいえ

Type: String

更新に伴う要件: 中断はありません。

このページの内容: