メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS::ElasticBeanstalk::ApplicationVersion

Elastic Beanstalk アプリケーションのアプリケーションバージョンを作成します。アプリケーションバージョンは、デプロイ可能なコードの "版" を表します。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

Copy
{ "Type" : "AWS::ElasticBeanstalk::ApplicationVersion", "Properties" : { "ApplicationName" : String, "Description" : String, "SourceBundle" : { SourceBundle } } }

YAML

Copy
Type: AWS::ElasticBeanstalk::ApplicationVersion Properties: ApplicationName: String Description: String SourceBundle: SourceBundle

メンバー

ApplicationName

このアプリケーションバージョンに関連付けられる Elastic Beanstalk アプリケーションの名前。

Required: Yes

Type: String

更新に伴う要件: 置換

Description

このアプリケーションバージョンの説明。

Required: No

Type: String

更新に伴う要件: 一時的な中断。

SourceBundle

このバージョンのソースバンドルの場所。

Required: Yes

Type:ソースバンドル

更新に伴う要件: 置換

戻り値

参照番号

このリソースの論理 ID が Ref 組み込み関数に提供されると、Ref によりリソース名が返されます。

Ref 関数の使用方法の詳細については、「Ref」を参照してください。

JSON

Copy
"myAppVersion" :{ "Type" : "AWS::ElasticBeanstalk::ApplicationVersion", "Properties" : { "ApplicationName" : {"Ref" : "myApp"}, "Description" : "my sample version", "SourceBundle" : { "S3Bucket" : { "Fn::Join" : ["-", [ "elasticbeanstalk-samples", { "Ref" : "AWS::Region" } ] ] }, "S3Key" : "php-sample.zip" } } }

YAML

Copy
myAppVersion: Type: "AWS::ElasticBeanstalk::ApplicationVersion" Properties: ApplicationName: Ref: "myApp" Description: "my sample version" SourceBundle: S3Bucket: Fn::Join: - "-" - - "elasticbeanstalk-samples" - Ref: "AWS::Region" S3Key: "php-sample.zip"

以下の資料も参照してください。