メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

CloudFront DistributionConfig オリジン CustomOriginConfig

CustomOriginConfig は、Amazon CloudFront Origin プロパティの、HTTP サーバーを表すプロパティです。

構文

JSON

Copy
{ "HTTPPort" : Integer, "HTTPSPort" : Integer, "OriginKeepaliveTimeout" : Integer, "OriginProtocolPolicy" : String, "OriginReadTimeout" : Integer, "OriginSSLProtocols" : [ String, ... ] }

YAML

Copy
HTTPPort: Integer HTTPSPort: Integer OriginKeepaliveTimeout: Integer OriginProtocolPolicy: String OriginReadTimeout: Integer OriginSSLProtocols: - 文字列

プロパティ

注記

各プロパティの制約と有効な値の詳細については、Amazon CloudFront API リファレンス の「CustomOriginConfig」データ型を参照してください。

HTTPPort

カスタムオリジンがリッスンする HTTP ポート。

Required: No

Type: Integer

HTTPSPort

カスタムオリジンがリッスンする HTTPS ポート。

Required: No

Type: Integer

OriginKeepaliveTimeout

カスタムキープアライブタイムアウトを作成できます。 すべてのタイムアウト単位は秒です。 デフォルトのキープアライブタイムアウトは 5 秒ですが、カスタムタイムアウトの長さを設定できます。 最小のタイムアウト期間は 1 秒で、最大は 60 秒です。

必須: いいえ

タイプ: 整数

更新に伴う要件: 中断はありません。

OriginProtocolPolicy

実際のオリジンに適用するオリジンプロトコルポリシー。

Required: Yes

Type: String

有効な値: http-only, match-viewer, https-only

OriginReadTimeout

カスタムオリジンリードタイムアウトを作成できます。 すべてのタイムアウト単位は秒です。 デフォルトオリジンリードタイムアウトは 30 秒ですが、カスタムタイムアウトの長さを設定できます。 最小のタイムアウト期間は 4 秒で、最大は 60 秒です。

必須: いいえ

タイプ: 整数

更新に伴う要件: 中断はありません。

OriginSSLProtocols

オリジンで HTTPS 接続を確立するときに CloudFront が使用できる SSL プロトコル。デフォルトでは、AWS CloudFormation は TLSv1SSLv3 プロトコルを指定します。

Required: No

Type: List of String values

このページの内容: