メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS::CloudFront::Distribution

Amazon CloudFront ウェブディストリビューションを作成します。CloudFront ディストリビューションの一般情報については、Amazon CloudFront 開発者ガイドの「Amazon CloudFront の概要」を参照してください。CloudFront ウェブディストリビューションの作成の詳細については、Amazon CloudFront API リファレンス の「CreateDistribution」を参照してください。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

Copy
{ "Type" : "AWS::CloudFront::Distribution", "Properties" : { "DistributionConfig" : DistributionConfig, "Tags" : [ Tag, ... ] } }

YAML

Copy
Type: "AWS::CloudFront::Distribution" Properties: DistributionConfig: DistributionConfig Tags: - Tag

プロパティ

DistributionConfig

ディストリビューションの設定情報。

Required: Yes

: DistributionConfig

更新に伴う要件: 中断はありません。

Tags

CloudFront ディストリビューションに関連付ける任意のタグのセット (キーと値のペア)。

必須: いいえ

: 以下のリスト

更新に伴う要件: 中断はありません。

重複は許可されません。

戻り値

参照番号

戻り値: CloudFront ディストリビューション ID。例: E27LVI50CSW06W

Ref 関数の使用方法の詳細については、「Ref」を参照してください。

Fn::GetAtt

Fn::GetAtt は、このタイプの指定された属性の値を返します。以下には、利用可能な属性とサンプル戻り値のリストが示されます。

DomainName

戻り値: リソースのドメイン名。例: d2fadu0nynjpfn.cloudfront.net

Fn::GetAtt の使用の詳細については、「Fn::GetAtt」を参照してください。

次の例では、ディストリビューションを指定し、1 つのタグを割り当てます。

JSON

Copy
{ "AWSTemplateFormatVersion": "2010-09-09", "Resources": { "cloudfrontdistribution": { "Type": "AWS::CloudFront::Distribution", "Properties": { "DistributionConfig": { "CacheBehaviors": [ { "LambdaFunctionAssociations": [ { "EventType": "string-value", "LambdaFunctionARN": "string-value" } ] } ], "DefaultCacheBehavior": { "LambdaFunctionAssociations": [ { "EventType": "string-value", "LambdaFunctionARN": "string-value" } ] }, "IPV6Enabled": "boolean-value", "Origins": [ { "CustomOriginConfig": { "OriginKeepaliveTimeout": "integer-value", "OriginReadTimeout": "integer-value" } } ] }, "Tags": [ { "Key": "string-value", "Value": "string-value" } ] } } } }

YAML

Copy
AWSTemplateFormatVersion: 2010-09-09 Resources: cloudfrontdistribution: Type: 'AWS::CloudFront::Distribution' Properties: DistributionConfig: CacheBehaviors: - LambdaFunctionAssociations: - EventType: string-value LambdaFunctionARN: string-value DefaultCacheBehavior: LambdaFunctionAssociations: - EventType: string-value LambdaFunctionARN: string-value IPV6Enabled: boolean-value Origins: - CustomOriginConfig: OriginKeepaliveTimeout: integer-value OriginReadTimeout: integer-value Tags: - Key: string-value Value: string-value

以下の資料も参照してください。