メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

CloudFront DistributionConfig オリジン

Origin は、Amazon CloudFront ディストリビューションのオリジンを記述する DistributionConfig プロパティのプロパティです。

構文

JSON

Copy
{ "CustomOriginConfig" : CustomOriginConfig, "DomainName" : String, "Id" : String, "OriginCustomHeaders" : [ OriginCustomHeader, ... ] "OriginPath" : String, "S3OriginConfig" : S3 Origin }

YAML

Copy
CustomOriginConfig: CustomOriginConfig DomainName: String Id: String OriginCustomHeaders: - OriginCustomHeader OriginPath: String S3OriginConfig: S3 Origin

プロパティ

注記

各プロパティの制約と有効な値の詳細については、Amazon CloudFront API リファレンス の「Origin」データ型を参照してください。

CustomOriginConfig

カスタムオリジンを指定するオリジン情報。

Required: Conditional。CustomOriginConfig および S3OriginConfig を同じ Origin で使用することはできず、どちらかを指定する必要があります

タイプ: CustomOriginConfig タイプ

DomainName

CloudFront がこのオリジンのオブジェクトの取得元としている Amazon Simple Storage Service (S3) バケットまたは HTTP サーバーの DNS 名。

Required: Yes

Type: String

Id

オリジンの識別子。Id の値は、ディストリビューション内で一意である必要があります。

Required: Yes

Type: String

OriginCustomHeaders

CloudFront がリクエストをオリジンに転送するときに含まれているカスタム ヘッダー。

Required: No

タイプ: OriginCustomHeader タイプのリスト

OriginPath

CloudFront が S3 バケットまたはカスタムオリジンのコンテンツのリクエストに使用するパス。DomainName および OriginPath プロパティの組み合わせは、有効なパスに解決される必要があります。値はスラッシュ記号 (/) で開始する必要がありますが、スラッシュ記号で終了することはできません。

Required: No

Type: String

S3OriginConfig

S3 オリジンを指定するオリジン情報。

Required: Conditional。S3OriginConfig および CustomOriginConfig を同じ Origin で使用することはできず、どちらかを指定する必要があります

: S3Origin タイプ

このページの内容: