メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS CodeBuild プロジェクトソース

Source は、AWS CodeBuild プロジェクトのソースコード設定を指定する AWS::CodeBuild::Project リソースのプロパティです。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

Copy
{ "Auth" : SourceAuth, "BuildSpec" : String, "Location" : String, "Type" : String }

YAML

Copy
Auth: SourceAuth BuildSpec: String Location: String Type: String

プロパティ

Auth

ビルドするソースコードにアクセスするための AWS CodeBuild の権限付与設定に関する情報。

注記

お客様のコードでは、プロジェクトのソースタイプが GITHUB でない限り、この情報を直接取得または設定しないでください。

必須: いいえ

タイプ: AWS CodeBuild Project SourceAuth

更新に伴う要件: 中断はありません。

BuildSpec

プロジェクトのビルド仕様。この値が指定されない場合は、ソースコードにはルートレベルに buildspec.yml という名前のビルド仕様ファイルが含まれている必要があります。この値が指定される場合は、ビルド仕様全体を含む単一の文字列か、組み込みの環境変数 CODEBUILD_SRC_DIR の値と相対的な代替ビルド仕様ファイルへのパスのいずれかになります。代替ビルド仕様ファイルには、buildspec.yml 以外の名前を付けることができます。たとえば、myspec.yml または build_spec_qa.yml といった類似の名前を付けます。詳細については、AWS CodeBuild ユーザーガイドBuild Spec Reference を参照してください。

Required: No

Type: String

Location

指定のリポジトリタイプのソースコードの場所。詳細については、AWS CodeBuild ユーザーガイドsource-location フィールドを参照してください。

Required: Conditional。Type プロパティに CODEPIPELINE を指定した場合、このプロパティを指定しないでください。他のすべてのタイプでは、このプロパティを指定する必要があります。

Type: String

Type

ソースコードを含むリポジトリの種類。有効な値については、AWS CodeBuild ユーザーガイドsource-type フィールドを参照してください。

Required: Yes

Type: String

このページの内容: