メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS Config ConfigRule Scope

Scope は、設定が変更されたときに AWS Config をトリガーして評価を実行する AWS リソースを指定する AWS::Config::ConfigRule リソースのプロパティです。範囲には、1 つまたは複数のリソースタイプ、タグのキーと値、または 1 つのリソースタイプと 1 つのリソース ID を含めることができます。タグキー値と、リソース ID またはタイプを指定することはできません。

構文

JSON

Copy
{ "ComplianceResourceId" : String, "ComplianceResourceTypes" : [ String, ... ], "TagKey" : String, "TagValue" : String }

YAML

Copy
ComplianceResourceId: String ComplianceResourceTypes: - 文字列 TagKey: String TagValue: String

プロパティ

ComplianceResourceId

AWS Config がルールに対して評価する AWS リソースの ID。ID を指定した場合、ComplianceResourceTypes プロパティにリソースタイプを指定する必要もあります。

Required: No

Type: String

ComplianceResourceTypes

AWS Config がルールに対して評価する AWS リソースのタイプ。ComplianceResourceId プロパティを指定した場合、1 つのリソースタイプのみ指定します。詳細については、「サポートされているリソース、設定項目、関係」を参照してください。

Required: Conditional。ComplianceResourceId プロパティの値を指定した場合は、このプロパティも指定する必要があります。

Type: List of String values

TagKey

AWS Config がルールに対して評価する、AWS リソースに適用されるタグキー。

Required: Conditional。タグ値を指定する場合は、このプロパティを指定する必要があります。

Type: String

TagValue

AWS Config がルールに対して評価する、AWS リソースに適用されるタグ値。

Required: Conditional。タグキーを指定する場合は、このプロパティを指定する必要があります。

Type: String

このページの内容: