メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

Amazon DynamoDB テーブル LocalSecondaryIndex

AWS::DynamoDB::Table リソースのローカルセカンダリインデックスを記述します。各インデックスの範囲は、特定のハッシュキー値に限定されます。1 つまたは複数のローカルセカンダリインデックスを持つテーブルには、項目コレクションのサイズ制限が適用されます。特定の項目コレクション内のデータ量が 10 GB を超えることはできません。

構文

JSON

Copy
{ "IndexName" : String, "KeySchema" : [ KeySchema, ...], "Projection" : { Projection } }

YAML

Copy
IndexName: String KeySchema: KeySchema Projection: Projection

プロパティ

IndexName

ローカルセカンダリインデックスの名前。インデックス名には 3~255 文字を使用できます。使用文字の制限はありません。

Required: Yes

Type: String

KeySchema

ローカルセカンダリインデックスの完全なインデックススキーマ (属性名とキーのタイプとから成る 1 つまたは複数のペア)。ローカルセカンダリインデックスの場合、ハッシュキーは、ソーステーブルと一致している必要があります。

Required: Yes

: DynamoDB Table KeySchema のリスト

Projection

ソーステーブルからインデックスにコピー (射影) される属性です。自動的に射影されるプライマリキー属性とインデックスキー属性とは別に、これらの属性が追加されます。

Required: Yes

タイプ: DynamoDB テーブルの射影

ローカルセカンダリインデックスの宣言例については、「AWS::DynamoDB::Table」を参照してください。

このページの内容: