メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

Amazon Elastic Block Store ブロックデバイスプロパティ

Amazon Elastic Block Store ブロックデバイスタイプは、Amazon EC2 ブロックデバイスマッピングプロパティ プロパティの埋め込みプロパティです。

構文

JSON

Copy
{ "DeleteOnTermination" : Boolean, "Encrypted" : Boolean, "Iops" : Number, "SnapshotId" : String, "VolumeSize" : String, "VolumeType" : String }

YAML

Copy
DeleteOnTermination: Boolean Encrypted: Boolean Iops: Number SnapshotId: String VolumeSize: String VolumeType: String

プロパティ

DeleteOnTermination

インスタンス終了時にボリュームを削除するかどうかを決定します。デフォルト値は true です。

Required: No

Type: Boolean

Encrypted

ボリュームが暗号化されているかどうかを示します。暗号化された Amazon EBS ボリュームは、Amazon EBS 暗号化をサポートするインスタンスタイプにのみアタッチすることができます。暗号化されたスナップショットから作成されたボリュームは、自動的に暗号化されます。暗号化されていないスナップショットから暗号化されたボリュームを作成したり、暗号化されたボリュームから暗号化されていないスナップショットを作成したりすることはできません。暗号化されたボリュームを AMI に使用している場合、その AMI は、サポートされているインスタンスタイプでしか起動できません。詳細については、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドの「Amazon EBS 暗号化」を参照してください。

Required: No

Type: Boolean

Iops

ボリュームがサポートする 1 秒あたりの I/O オペレーションの数 (IOPS)。100~20000 の整数を指定できます。

Required: Conditionalボリュームタイプio1 のときに必須となります。他のボリュームタイプでは使用されません。

Type: Number

SnapshotId

ブロックデバイスの作成に使用するボリュームのスナップショット ID。

Required: ConditionalSnapshotIdVolumeSize の両方を指定する場合、VolumeSize はスナップショットのサイズと同じか、それ以上である必要があります。

Type: String

VolumeSize

ギガバイナリバイト (GiB) 単位のボリュームサイズ。有効な値については、Amazon EC2 API ReferenceCreateValue アクションの Size パラメーターを参照してください。

Required: ConditionalSnapshotIdVolumeSize の両方を指定する場合、VolumeSize はスナップショットのサイズと同じか、それ以上である必要があります。

Type: String

更新に伴う要件: 一時的な中断。

VolumeType

ボリュームタイプ。io1 タイプに設定した場合、Iops プロパティも設定する必要があります。有効な値については、Amazon EC2 API ReferenceCreateValue アクションの VolumeType パラメーターを参照してください。

Required: No

Type: String

Copy
{ "DeviceName":"/dev/sdc", "Ebs":{ "SnapshotId":"snap-xxxxxx", "VolumeSize":"50", "VolumeType":"io1", "Iops":"1000", "DeleteOnTermination":"false" } }

以下の資料も参照してください。

  • Amazon Elastic Compute Cloud API リファレンスの「CreateVolume