メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS::EC2::VolumeAttachment

実行中のインスタンスに Amazon EBS ボリュームをアタッチし、指定したデバイス名でインスタンスに公開します。

重要

このリソースを削除するには (ボリュームをデタッチするには) まず、インスタンスからボリュームをアンマウントする必要があります。アンマウントせずにデタッチすると、ボリュームがビジー状態のままになり、そのファイルシステムまたは格納されているデータが破損する可能性もあります。

インスタンスのルートデバイスである Amazon EBS ボリュームは、インスタンスの状態が "実行中" である間はデタッチできません。ルートボリュームをデタッチするには、まずインスタンスを停止してください。

AWS Marketplace 製品コード付きのインスタンスからルートボリュームをデタッチすると、そのボリュームの AWS Marketplace 製品コードとそのインスタンスとの関連付けが失われます。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

Copy
{ "Type":"AWS::EC2::VolumeAttachment", "Properties" : { "Device" : String, "InstanceId" : String, "VolumeId" : String } }

YAML

Copy
Type: AWS::EC2::VolumeAttachment Properties: Device: String InstanceId: String VolumeId: String

プロパティ

Device

デバイスをインスタンスに公開する方法 (例: /dev/sdh、xvdh)。

必須: はい

タイプ: 文字列

[Update requires]: アップデートはサポートされていません。

InstanceId

ボリュームのアタッチ先となるインスタンスの ID。この値には、AWS::EC2::Instance リソースのリファレンスを指定できるほか、既存の EC2 インスタンスの物理 ID を指定することができます。

必須: はい

タイプ: 文字列

[Update requires]: アップデートはサポートされていません。

VolumeId

Amazon EBS ボリュームの ID。ボリュームとそのアタッチ先インスタンスは同じアベイラビリティーゾーンに存在している必要があります。この値には、AWS::EC2::Volume リソースのリファレンスを指定できるほか、既存の Amazon EBS ボリュームのボリューム ID を指定することができます。

必須: はい

タイプ: 文字列

[Update requires]: アップデートはサポートされていません。

この例では、論理名が "Ec2Instance" である EC2 インスタンスに EC2 EBS ボリュームをアタッチします。

Copy
"NewVolume" : { "Type" : "AWS::EC2::Volume", "Properties" : { "Size" : "100", "AvailabilityZone" : { "Fn::GetAtt" : [ "Ec2Instance", "AvailabilityZone" ] }, "Tags" : [ { "Key" : "MyTag", "Value" : "TagValue" } ] } }, "MountPoint" : { "Type" : "AWS::EC2::VolumeAttachment", "Properties" : { "InstanceId" : { "Ref" : "Ec2Instance" }, "VolumeId" : { "Ref" : "NewVolume" }, "Device" : "/dev/sdh" } }

以下の資料も参照してください。