メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS::EC2::EIP

AWS::EC2::EIP リソースは Elastic IP (EIP) アドレスを割り当て、オプションで Amazon EC2 インスタンスと関連付けることができます。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

Copy
{ "Type" : "AWS::EC2::EIP", "Properties" : { "InstanceId" : String, "Domain" : String } }

YAML

Copy
Type: "AWS::EC2::EIP" Properties: InstanceId: String Domain: String

プロパティ

InstanceId

この Elastic IP アドレスと関連付ける Amazon EC2 インスタンスのインスタンス ID。

必須: いいえ

タイプ: 文字列

更新に伴う要件: 中断はありません。

Domain

アドレスを Virtual Private Cloud (VPC) に割り当てるには、vpc に設定します。他の値はサポートされません。

注記

Elastic IP アドレスを定義し、同じテンプレートに定義されている VPC に関連付ける場合は、このリソースの DependsOn 属性を使用して、VPC ゲートウェイのアタッチメントへの依存関係を宣言する必要があります。詳細については、「DependsOn 属性」を参照してください。

詳細については、Amazon EC2 API Referenceの「AllocateAddress」を参照してください。VPC の Elastic IP アドレスの詳細については、Amazon VPC ユーザーガイドの「VPC の IP アドレス指定」を参照してください。

必須: 条件による。アドレスを VPC に割り当てる場合は必須

タイプ: 文字列

更新に伴う要件: 置換

戻り値

参照番号

AWS::EC2::EIP オブジェクトの論理 ID を Ref 関数の引数として指定した場合、AWS CloudFormation は、インスタンスの PublicIp の値を返します。

Ref 関数の使用方法の詳細については、「Ref」を参照してください。

Fn::GetAtt

Fn::GetAtt は、このタイプの指定された属性の値を返します。以下には、利用可能な属性とサンプル戻り値のリストが示されます。

AllocationId

Amazon VPC で使用するアドレスの割り当てを表すために AWS によって割り当てられた ID。この値は、VPC の Elastic IP アドレスに対してのみ返されます。戻り値の例: eipalloc-5723d13e

Fn::GetAtt の使用の詳細については、「Fn::GetAtt」を参照してください。

AWS::EC2::EIP スニペットについては、「AWS::EC2::EIP スニペットを使用した Amazon EC2 Elastic IP の割り当て」を参照してください。

このページの内容: