メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

ElasticLoadBalancing LoadBalancer HealthCheck

HealthCheck プロパティは、EC2 インスタンスの可用性に関するヘルスチェックの設定を行います。詳細については、Classic Load Balancer のユーザーガイドの「Classic Load Balancer のヘルスチェックを設定する」を参照してください。

HealthCheckAWS::ElasticLoadBalancing::LoadBalancer リソースのプロパティです。

構文

JSON

Copy
{ "HealthyThreshold" : String, "Interval" : String, "Target" : String, "Timeout" : String, "UnhealthyThreshold" : String }

YAML

Copy
HealthyThreshold: String Interval: String Target: String Timeout: String UnhealthyThreshold: String

プロパティ

HealthyThreshold

ヘルスプローブが連続して何回成功したらインスタンスを正常状態とするかを指定します。

必須: はい

タイプ: 文字列

Interval

各インスタンスのヘルスチェックのおおよその間隔 (秒) 指定します。有効な値は 5300 です。デフォルト: 30

必須: はい

タイプ: 文字列

Target

チェックするインスタンスのプロトコルとポートを指定します。プロトコルは TCP、HTTP、HTTPS、SSL のいずれかです。有効なポートの範囲は 1~65535 です。

必須: はい

タイプ: 文字列

注記

TCP および SSL の場合、ポートのペアを指定します。たとえば、TCP:5000SSL:5000 と指定することができます。ヘルスチェックは、インスタンスに対し、指定されたポートで TCP または SSL 接続を開くよう試みます。設定されたタイムアウト時間内に接続できなかった場合、ヘルスチェックでインスタンスは異常と見なされます。

HTTP または HTTPS の場合、ping の送信先となるポートとパスを指定します (HTTP or HTTPS:port/PathToPing)。たとえば、HTTP:80/weather/us/wa/seattle と指定することができます。この場合、指定されたポートとパスで対象のインスタンスに HTTP GET リクエストが送信されます。設定されたタイムアウト時間内に 200 OK 以外のレスポンスを受信した場合、ヘルスチェックでインスタンスは異常と見なされます。HTTP または HTTPS の ping ターゲット長さは、16 ビット Unicode 文字で最大 1024 文字です。

Timeout

レスポンスがない状態が何秒続いたらヘルスプローブを失敗と見なすかを指定します。この値は、Interval の値よりも小さくする必要があります。

必須: はい

タイプ: 文字列

UnhealthyThreshold

ヘルスプローブが連続して何回失敗したらインスタンスを異常状態とするかを指定します。

必須: はい

タイプ: 文字列

このページの内容: