メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

ElasticLoadBalancing ポリシータイプ

ElasticLoadBalancing ポリシータイプは、AWS::ElasticLoadBalancing::LoadBalancer リソースの埋め込みプロパティです。リスナーの PolicyNames プロパティでポリシーの名前を参照することで、ポリシーをリスナーに関連付けます。

構文

JSON

Copy
{ "Attributes" : [ { "Name" : String, "Value" : String }, ... ], "InstancePorts" : [ String, ... ], "LoadBalancerPorts" : [ String, ... ], "PolicyName" : String, "PolicyType" : String }

YAML

Copy
Attributes: - "Name" : String "Value" : String InstancePorts: - 文字列 LoadBalancerPorts: - 文字列 PolicyName: String PolicyType: String

プロパティ

Attributes

このポリシーの任意の属性のリスト。ポリシー属性を指定する必要がない場合、空のリストを指定します ([])。

Required: Yes

: JSON 形式の名前と値のペアのリスト。

InstancePorts

ポリシーのインスタンスポートのリスト。これらは、バックエンドサーバーに関連付けられているポートです。

Required: No

タイプ: 文字列値のリスト

LoadBalancerPorts

ポリシーに使用する外部ロードバランサーのポートのリスト。

必須: 一部のポリシーのみ。詳細については、Elastic Load Balancing 開発者ガイドを参照してください。

タイプ: 文字列値のリスト

PolicyName

ロードバランサーで一意となるこのポリシーの名前。

Required: Yes

タイプ: 文字列

PolicyType

このポリシーのタイプ名。Elastic Load Balancing の DescribeLoadBalancerPolicyTypes アクションで報告されるいずれかのタイプに該当する必要があります。

Required: Yes

タイプ: 文字列

この例は、Elastic Load Balancing リスナーの Policies セクションのスニペットを示しています。

Copy
"Policies" : [ { "PolicyName" : "MySSLNegotiationPolicy", "PolicyType" : "SSLNegotiationPolicyType", "Attributes" : [ { "Name" : "Protocol-TLSv1", "Value" : "true" }, { "Name" : "Protocol-SSLv3", "Value" : "false" }, { "Name" : "DHE-RSA-AES256-SHA", "Value" : "true" } ] }, { "PolicyName" : "MyAppCookieStickinessPolicy", "PolicyType" : "AppCookieStickinessPolicyType", "Attributes" : [ { "Name" : "CookieName", "Value" : "MyCookie"} ] }, { "PolicyName" : "MyPublicKeyPolicy", "PolicyType" : "PublicKeyPolicyType", "Attributes" : [ { "Name" : "PublicKey", "Value" : { "Fn::Join" : [ "\n", [ "MIGfMA0GCSqGSIb3DQEBAQUAA4GNADCBiQKBgQDh/51Aohx5VrpmlfGHZCzciMBa", "fkHve+MQYYJcxmNUKMdsWnz9WtVfKxxWUU7Cfor4lorYmENGCG8FWqCoLDMFs7pN", "yGEtpsrlKhzZWtgY1d7eGrUrBil03bI90E2KW0j4qAwGYAC8xixOkNClicojeEz4", "f4rr3sUf+ZBSsuMEuwIDAQAB" ] ] } } ] }, { "PolicyName" : "MyBackendServerAuthenticationPolicy", "PolicyType" : "BackendServerAuthenticationPolicyType", "Attributes" : [ { "Name" : "PublicKeyPolicyName", "Value" : "MyPublicKeyPolicy" } ], "InstancePorts" : [ "8443" ] } ]

この例は、プロキシプロトコルを使用した Elastic Load Balancing の Policies セクションのスニペットを示しています。

Copy
"Policies" : [{ "PolicyName" : "EnableProxyProtocol", "PolicyType" : "ProxyProtocolPolicyType", "Attributes" : [{ "Name" : "ProxyProtocol", "Value" : "true" }], "InstancePorts" : [{"Ref" : "WebServerPort"}] }]

次のコードスニペットでは、ロードバランサーで定義済みのセキュリティポリシーが使用されます。この定義済みポリシーは Elastic Load Balancing から提供されます。詳細については、Elastic Load Balancing ユーザーガイドの「SSL のセキュリティポリシー」を参照してください。

Copy
"Policies" : [{ "PolicyName" : "ELBSecurityPolicyName", "PolicyType" : "SSLNegotiationPolicyType", "Attributes" : [{ "Name" : "Reference-Security-Policy", "Value" : "ELBSecurityPolicy-2014-10" }] }]

以下の資料も参照してください。