メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

Amazon Elastic Container Service TaskDefinition ContainerDefinitions PortMappings

PortMappings は、コンテナポートをホストポートにマッピングする Amazon Elastic Container Service TaskDefinition ContainerDefinitions プロパティのプロパティです。

構文

JSON

Copy
{ "ContainerPort" : Integer, "HostPort" : Integer, "Protocol" : String }

YAML

Copy
ContainerPort: Integer HostPort: Integer Protocol: String

プロパティ

各プロパティの詳細については、Amazon Elastic Container Service Developer Guideの「タスク定義パラメーター」を参照してください。

ContainerPort

ホストポートにバインドされるコンテナのポート番号。

Required: Yes

Type: Integer

HostPort

コンテナ用に予約するコンテナインスタンスのホストポート番号。コンテナポートマッピングに予約されていないホストポートを指定するか、ホストポートを省略するか、またはホストポートを 0 に設定できます。コンテナポートを指定したが、ホストポートがない場合、コンテナのホストポートは自動的に割り当てられます。

4915365535 のポート範囲にはホストポートを指定しないでください。これらのポートは、自動割り当て用に予約されています。他の予約ポートは、SSH 用の 22、Docker 用の 2375 および 2376、Amazon Elastic Container Service コンテナエージェント用の 51678 などです。タスクに使用されているホストポートを指定しないでください。それらのポートはタスクの実行中に予約されます。

Required: No

Type: Integer

Protocol

ポートマッピングに使用されるプロトコル。有効な値については、Amazon Elastic Container Service Developer Guideprotocol を参照してください。デフォルトでは、AWS CloudFormation は tcp を指定します。

Required: No

Type: String

このページの内容: