メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS::ElastiCache::SecurityGroupIngress

AWS::ElastiCache::SecurityGroupIngress タイプは、指定した Amazon EC2 セキュリティグループのホストからキャッシュのセキュリティグループへの進入を許可します。ElastiCache セキュリティグループ進入の詳細については、Amazon ElastiCache API Reference GuideAuthorizeCacheSecurityGroupIngress を参照してください。

トピック

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

Copy
{ "Type" : "AWS::ElastiCache::SecurityGroupIngress", "Properties" : { "CacheSecurityGroupName" : String, "EC2SecurityGroupName" : String, "EC2SecurityGroupOwnerId" : String } }

YAML

Copy
Type: "AWS::ElastiCache::SecurityGroupIngress" Properties: CacheSecurityGroupName: String EC2SecurityGroupName: String EC2SecurityGroupOwnerId: String

プロパティ

CacheSecurityGroupName

承認するキャッシュセキュリティグループの名前です。

Type: String

Required: Yes

[Update requires]: アップデートはサポートされていません。

EC2SecurityGroupName

承認に含める EC2 セキュリティグループの名前です。

Type: String

Required: Yes

[Update requires]: アップデートはサポートされていません。

EC2SecurityGroupOwnerId

EC2SecurityGroupName プロパティに指定された EC2 セキュリティグループ所有者の AWS アカウント ID を指定します。AWS アクセスキー ID が許容される値ではありません。

Type: String

Required: No

[Update requires]: アップデートはサポートされていません。

このページの内容: