メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS::ElastiCache::SubnetGroup

キャッシュサブネットグループを作成します。キャッシュサブネットグループの詳細については、Amazon ElastiCache ユーザーガイドの「キャッシュサブネットグループ」またはAmazon ElastiCache API リファレンスガイドの「CreateCacheSubnetGroup」を参照してください。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

Copy
{ "Type" : "AWS::ElastiCache::SubnetGroup", "Properties" : { "CacheSubnetGroupName" : String, "Description" : String, "SubnetIds" : [ String, ... ] } }

YAML

Copy
Type: "AWS::ElastiCache::SubnetGroup" Properties: CacheSubnetGroupName: String Description: String SubnetIds: - 文字列

プロパティ

CacheSubnetGroupName

キャッシュサブネットグループの名前。名前を指定しない場合、AWS CloudFormation は一意の物理 ID を生成します。詳細については、「Name タイプ」を参照してください。

重要

名前を指定すると、このリソースの置換が必要な更新はできません。中断が不要であるか、一定の中断が必要な更新であれば、行うことができます。リソースを置き換える必要がある場合は、新しい名前を指定します。

Required: No

Type: String

更新に伴う要件: 置換

Description

キャッシュサブネットグループの説明。

タイプ: 文字列

必須: はい

更新に伴う要件: 中断はありません。

SubnetIds

キャッシュサブネットグループの Amazon EC2 サブネット ID。

: 文字列のリスト

必須: はい

更新に伴う要件: 中断はありません。

戻り値

参照番号

このリソースの論理 ID が Ref 組み込み関数に提供されると、Ref によりリソース名が返されます。

Ref 関数の使用方法の詳細については、「Ref」を参照してください。

JSON

Copy
"SubnetGroup" : { "Type" : "AWS::ElastiCache::SubnetGroup", "Properties" : { "Description" : "Cache Subnet Group", "SubnetIds" : [ { "Ref" : "Subnet1" }, { "Ref" : "Subnet2" } ] } }

YAML

Copy
SubnetGroup: Type: "AWS::ElastiCache::SubnetGroup" Properties: Description: "Cache Subnet Group" SubnetIds: - Ref: "Subnet1" - Ref: "Subnet2"

このページの内容: