メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

Amazon EMR クラスターの JobFlowInstancesConfig

JobFlowInstancesConfig は、AWS::EMR::Cluster リソースのプロパティで、これを使用して Amazon EMR クラスターでジョブを実行する EC2 インスタンス (ノード) を設定します。

注記

EmrManagedMasterSecurityGroup および EmrManagedSlaveSecurityGroup を使用してクラスターを作成するときに、delete_failed 例外を避けるために、AWS CloudFormation スタックの外部で作成されたセキュリティグループを使用するか、または、削除時にセキュリティグループを保持します。

構文

JSON

Copy
{ "AdditionalMasterSecurityGroups" : [ String, ... ], "AdditionalSlaveSecurityGroups" : [ String, ... ], "CoreInstanceFleet" : InstanceFleetConfig, "CoreInstanceGroup" : InstanceGroupConfig, "Ec2KeyName" : String, "Ec2SubnetId" : String, "EmrManagedMasterSecurityGroup" : String, "EmrManagedSlaveSecurityGroup" : String, "HadoopVersion" : String, "MasterInstanceFleet" : InstanceFleetConfig, "MasterInstanceGroup" : InstanceGroupConfig, "Placement" : Placement, "ServiceAccessSecurityGroup" : String, "TerminationProtected" : Boolean }

YAML

Copy
AdditionalMasterSecurityGroups: - 文字列 AdditionalSlaveSecurityGroups: - 文字列 CoreInstanceFleet: InstanceFleetConfig, CoreInstanceGroup: InstanceGroupConfig Ec2KeyName: String Ec2SubnetId: String EmrManagedMasterSecurityGroup: String EmrManagedSlaveSecurityGroup: String HadoopVersion: String MasterInstanceFleet: InstanceFleetConfig MasterInstanceGroup: InstanceGroupConfig Placement: Placement ServiceAccessSecurityGroup: String TerminationProtected: Boolean

プロパティ

AdditionalMasterSecurityGroups

Amazon EMR クラスターのマスターインスタンス (マスターノード) に割り当てる追加の EC2 セキュリティグループ ID のリスト。このプロパティを使用して、Amazon EMR マネージドマスターセキュリティグループが指定するルールを補完します。

Required: No

Type: List of String values

更新に伴う要件: 置換

AdditionalSlaveSecurityGroups

Amazon EMR クラスターのスレーブインスタンス (スレーブノード) に割り当てる追加の EC2 セキュリティグループ ID のリスト。このプロパティを使用して、Amazon EMR マネージドスレーブセキュリティグループによって指定されるルールを補完します。

Required: No

Type: List of String values

更新に伴う要件: 置換

CoreInstanceFleet

Amazon EMR クラスターのコアインスタンスのインスタンスフリートの設定。MasterInstanceFleet プロパティでこのプロパティを使用します。

注記

インスタンスフリート設定は、5.0.x バージョンを除く Amazon EMR バージョン 4.8.0 以降でのみ使用できます。

Required: No

Type: Amazon EMR クラスターの InstanceFleetConfig

更新に伴う要件: 置換

CoreInstanceGroup

Amazon EMR クラスターのコアインスタンスの設定。MasterInstanceGroup プロパティでこのプロパティを使用します。

Required: No

Type: Amazon EMR クラスター InstanceGroupConfig

更新に伴う要件: 置換

Ec2KeyName

Amazon EMR クラスターのインスタンスにアクセスするために使用できる Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) キーペアの名前。

Required: No

Type: String

更新に伴う要件: 置換

Ec2SubnetId

インスタンスを起動するサブネットの ID です。

Required: No

Type: String

更新に伴う要件: 置換

EmrManagedMasterSecurityGroup

Amazon EMR クラスターのマスターインスタンス (マスターノード) に関連付けられた (Amazon EMR によって管理される) EC2 セキュリティグループの ID。

Required: No

Type: String

更新に伴う要件: 置換

EmrManagedSlaveSecurityGroup

Amazon EMR クラスターのスレーブインスタンス (スレーブノード) に関連付けられた (Amazon EMR によって管理される) EC2 セキュリティグループの ID。

Required: No

Type: String

更新に伴う要件: 置換

HadoopVersion

ジョブフローの Hadoop バージョン。有効な値については、Amazon EMR API Referenceの「HadoopVersion」パラメーターを参照してください。

Required: No

Type: String

更新に伴う要件: 置換

MasterInstanceFleet

マスターインスタンス (マスターノード) のインスタンスフリートの設定。

注記

インスタンスフリート設定は、5.0.x バージョンを除く Amazon EMR バージョン 4.8.0 以降でのみ使用できます。

設定で MasterInstanceFleet または MasterInstanceGroup を使用する必要があります。MasterInstanceFleet を使用する場合、CoreInstanceFleet プロパティも指定できます。

Required: No

Type: Amazon EMR クラスターの InstanceFleetConfig

更新に伴う要件: 置換

MasterInstanceGroup

マスターインスタンス (マスターノード) の設定。

設定で MasterInstanceGroup または MasterInstanceFleet を使用する必要があります。MasterInstanceGroup を使用する場合、CoreInstanceGroup プロパティも指定できます。

Required: No

Type: Amazon EMR クラスター InstanceGroupConfig

更新に伴う要件: 置換

Placement

ジョブフローが実行されるアベイラビリティーゾーン (AZ)。

Required: No

Type: Amazon EMR クラスター PlacementType

更新に伴う要件: 置換

ServiceAccessSecurityGroup

プライベートサブネットでクラスターにアクセスするためにサービスが使用する (Amazon EMR によって管理される) EC2 セキュリティグループの ID です。

Required: No

Type: String

更新に伴う要件: 置換

TerminationProtected

EC2 インスタンスが API の呼び出しまたはユーザーの介入によって終了されないようにするかどうかを指定します。保護されているインスタンスでスタックを削除する場合は、スタックを削除する前に、この値を false に更新します。デフォルトでは、AWS CloudFormation はこのプロパティを false に設定します。

Required: No

Type: Boolean

更新に伴う要件: 中断はありません。

このページの内容: