メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS IoT TopicRule DynamoDBAction

DynamoDB は DynamoDB テーブルにデータを書き込む AWS IoT アクションを記述する Actions プロパティのプロパティです。

HashKeyFieldRangeKeyField、およびTableName 値は、最初にテーブルを作成したときに使用した値と一致しなければなりません。

HashKeyValue および ${sql-expression}フィールドは RangeKeyValue 代替テンプレート構文を使用します。WHERE または SELECT 句で、あらゆる有効な式を指定できます。この式は JSON プロパティ、比較、計算、および などの関数を含めることができます。

  • "HashKeyValue" : "${topic(3)} フィールドはトピックの 3 番目のレベルを使用します。

  • "RangeKeyValue" : "${timestamp()} フィールドはタイムスタンプを使用します。

構文

JSON

Copy
{ "HashKeyField": String, "HashKeyType": String, "HashKeyValue": String, "PayloadField": String, "RangeKeyField": String, "RangeKeyType": String, "RangeKeyValue": String, "RoleArn": String, "TableName": String }

YAML

Copy
HashKeyField: String HashKeyType: String HashKeyValue: String PayloadField: String RangeKeyField: String RangeKeyType: String RangeKeyValue: String RoleArn: String TableName: String

プロパティ

詳細と有効な値については、『AWS IoT 開発者ガイド』の「DynamoDB アクション」を参照してください。

HashKeyField

ハッシュキーの名前。

Required: Yes

Type: String

HashKeyType

ハッシュキー (パーティションキーとも呼ばれます) のデータ型。有効な値は、"STRING" または "NUMBER" です。

Required: No

Type: String

HashKeyValue

ハッシュキーの値。

Required: Yes

Type: String

PayloadField

クエリの結果を含む DynamoDB テーブルの列の名前。この名前をカスタマイズできます。

Required: No

Type: String

RangeKeyField

範囲キーの名前。

Required: Yes

Type: String

RangeKeyType

範囲キー (ソートキーとも呼ばれます) のデータ型。有効な値は、"STRING" または "NUMBER" です。

Required: No

Type: String

RangeKeyValue

範囲キーの値。

Required: Yes

Type: String

RoleArn

DynamoDB テーブルへのアクセスを付与する IAM ロールの ARN。

Required: Yes

Type: String

TableName

DynamoDB テーブルの名前。

Required: Yes

Type: String

このページの内容: