メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS::CloudFormation::WaitConditionHandle

重要

Amazon EC2 および Auto Scaling リソースについては、待機条件ではなく CreationPolicy 属性を使用することをお勧めします。CreationPolicy 属性をこれらのリソースに追加し、インスタンス作成プロセスが正常に完了したときにシグナルを送信するために cfn-signal ヘルパースクリプトを使用します。

詳細については、「AWS CloudFormation による Amazon EC2 へのアプリケーションのデプロイ」を参照してください。

AWS::CloudFormation::WaitConditionHandle タイプにはプロパティがありません。Ref 関数を使用して WaitConditionHandle リソースを参照すると、AWS CloudFormation から署名付き URL が返されます。Amazon EC2 インスタンスで実行中のアプリケーションやスクリプトにこの URL を渡すことによって、その URL にシグナルを送信します。関連付けられている AWS::CloudFormation::WaitCondition リソースは、その URL をチェックして、必要な成功シグナルまたは失敗シグナルの数を確認します。

重要

スタックの更新中に WaitCondition リソースを追加するとき、または待機条件を使ってリソースを更新するときは常に、その待機条件を新しい WaitConditionHandle リソースに関連付ける必要があります。既にテンプレートに定義されている古い待機条件ハンドルを再利用することは避けてください。待機条件ハンドルを再利用した場合、以前のスタック作成コマンドまたはスタック更新コマンドからの古いシグナルが評価される可能性があります。

注記

このリソースの更新はサポートされません。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

Copy
{ "Type" : "AWS::CloudFormation::WaitConditionHandle", "Properties" : { } }

YAML

Copy
Type: "AWS::CloudFormation::WaitConditionHandle" Properties:

関連リソース

待機条件の使用方法については、「テンプレートでの待機条件の作成」を参照してください。

このページの内容: