メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS::Athena::NamedQuery

AWS::Athena::NamedQuery リソースは Amazon Athena クエリを作成します。詳細については、『Amazon Athena ドキュメント』の「CreateNamedQuery」を参照してください。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

Copy
{ "Type" : "AWS::Athena::NamedQuery", "Properties" : { "Description" : String, "QueryString" : String, "Database" : String, "Name" : String } }

YAML

Copy
Type: "AWS::Athena::NamedQuery" Properties: Description: String QueryString: String Database: String Name: String

プロパティ

制約については、『Amazon Athena API リファレンス』の「NamedQuery」を参照してください。

Description

クエリに関する簡単な説明。

必須: いいえ

タイプ: 文字列

更新に伴う要件: 中断はありません。

QueryString

クエリを構成する SQL クエリステートメント。

必須: はい

タイプ: 文字列

更新に伴う要件: 中断はありません。

Database

クエリが属するデータベース。

必須: はい

タイプ: 文字列

更新に伴う要件: 中断はありません。

Name

クエリの分かりやすい名前。

必須: いいえ

タイプ: 文字列

更新に伴う要件: 置換。

戻り値

参照番号

このリソースの論理 ID が Ref 組み込み関数に提供されると、Ref によりリソース名が返されます。

Ref 関数の使用方法の詳細については、「Ref」を参照してください。

次の例では、クエリに名前を付けて作成します。

JSON

Copy
{ "Resources": { "AthenaNamedQuery": { "Type": "AWS::Athena::NamedQuery", "Properties": { "Database": "swfnetadata", "Description": "A query that selects all aggregated data", "Name": "MostExpensiveWorkflow", "QueryString": "SELECT workflowname, AVG(activitytaskstarted) AS AverageWorkflow FROM swfmetadata WHERE year='17' AND GROUP BY workflowname ORDER BY AverageWorkflow DESC LIMIT 10" } } } }

YAML

Copy
Resources: AthenaNamedQuery: Type: AWS::Athena::NamedQuery Properties: Database: "swfnetadata" Description: "A query that selects all aggregated data" Name: "MostExpensiveWorkflow" QueryString: > SELECT workflowname, AVG(activitytaskstarted) AS AverageWorkflow FROM swfmetadata WHERE year='17' AND GROUP BY workflowname ORDER BY AverageWorkflow DESC LIMIT 10

このページの内容: