メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS::Batch::ComputeEnvironment

AWS::Batch::ComputeEnvironment リソースで、AWS Batch コンピューティング環境を定義します。詳細については、『AWS Batch ユーザーガイド』の「コンピューティング環境」を参照してください。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

Copy
{ "Type" : "AWS::Batch::ComputeEnvironment", "Properties" : { "Type" : String, "ServiceRole" : String, "ComputeEnvironmentName" : String, "ComputeResources" : ComputeResources, "State" : String } }

YAML

Copy
Type: "AWS::Batch::ComputeEnvironment" Properties: Type: String ServiceRole: String ComputeEnvironmentName: String ComputeResources: ComputeResources State: String

プロパティ

Type

コンピューティング環境のタイプ。

必須: はい

Type: String

更新に伴う要件: 置換。

ServiceRole

コンピューティング環境に関連付けられるサービスロール。このロールで、AWS Batch にお客様に代わっての AWS API オペレーションの呼び出しを許可します。

必須: はい

Type: String

更新に伴う要件: 中断はありません。

ComputeEnvironmentName

コンピューティング環境の名前。

必須: いいえ

Type: String

更新に伴う要件: 置換。

ComputeResources

コンピューティング環境用に定義されるコンピューティングリソース。

必須: はい

タイプ: AWS Batch ComputeEnvironment ComputeResources

更新に伴う要件: 中断はありません。

State

コンピューティング環境の状態。有効な値は ENABLED または DISABLED です。ENABLED 状態は、インスタンスをコンピューティング環境に登録可能で、関連付けられたインスタンスがジョブを受け入れ可能であることを示します。

必須: いいえ

Type: String

更新に伴う要件: 中断はありません。

戻り値

参照番号

AWS::Batch::ComputeEnvironment リソースの論理 ID を Ref 組み込み関数に渡すと、その関数はコンピューティング環境 ARN (arn:aws:batch:us-east-1:555555555555:compute-environment/M4OnDemand など) を返します。

Ref 関数の使用方法の詳細については、「Ref」を参照してください。

マネージド型のコンピューティング環境

以下の例では、C4 オンデマンドインスタンスとカスタム AMI を使用する、C4OnDemand という名前のマネージド型のコンピューティング環境を作成しています。

JSON

Copy
{ "ComputeEnvironment": { "Type": "AWS::Batch::ComputeEnvironment", "Properties": { "Type": "MANAGED", "ServiceRole": "arn:aws:iam::111122223333:role/service-role/AWSBatchServiceRole", "ComputeEnvironmentName": "C4OnDemand", "ComputeResources": { "MaxvCpus": 128, "SecurityGroupIds": [ "sg-abcd1234" ], "Type": "EC2", "Subnets": [ "subnet-aaaaaaaa", "subnet-bbbbbbbb", "subnet-cccccccc" ], "MinvCpus": 0, "ImageId": "ami-a1b2c3d4", "InstanceRole": "ecsInstanceRole", "InstanceTypes": [ "c4.large", "c4.xlarge", "c4.2xlarge", "c4.4xlarge", "c4.8xlarge" ], "Ec2KeyPair": "id_rsa", "Tags": {"Name": "Batch Instance - C4OnDemand"}, "DesiredvCpus": 48 }, "State": "ENABLED" } } }

YAML

Copy
ComputeEnvironment: Type: AWS::Batch::ComputeEnvironment Properties: Type: MANAGED ServiceRole: arn:aws:iam::111122223333:role/service-role/AWSBatchServiceRole ComputeEnvironmentName: C4OnDemand ComputeResources: MaxvCpus: 128 SecurityGroupIds: - sg-abcd1234 Type: EC2 Subnets: - subnet-aaaaaaaa - subnet-bbbbbbbb - subnet-cccccccc MinvCpus: 0 ImageId: ami-a1b2c3d4 InstanceRole: ecsInstanceRole InstanceTypes: - c4.large - c4.xlarge - c4.2xlarge - c4.4xlarge - c4.8xlarge Ec2KeyPair: id_rsa Tags: {"Name": "Batch Instance - C4OnDemand"} DesiredvCpus: 48 State: ENABLED

このページの内容: