メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS::Batch::JobDefinition

AWS::Batch::JobDefinition リソースで、AWS Batch ジョブ定義のパラメータを指定します。詳細について、『AWS Batch ユーザーガイド』の「ジョブ定義」を参照してください。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

Copy
{ "Type" : "AWS::Batch::JobDefinition", "Properties" : { "Type" : String, "Parameters" : Json object, "ContainerProperties" : ContainerProperties, "JobDefinitionName" : String, "RetryStrategy" : RetryStrategy } }

YAML

Copy
Type: "AWS::Batch::JobDefinition" Properties: Type: String Parameters: Json object ContainerProperties: ContainerProperties JobDefinitionName: String RetryStrategy: RetryStrategy

プロパティ

Type

ジョブ定義のタイプ。

必須: はい

Type: String

更新に伴う要件: 中断はありません。

Parameters

ジョブ定義で設定されているデフォルトのパラメータまたはパラメータ置換プレースホルダー。パラメータはキーと値のペアのマップとして指定します。

必須: はい

Type: JSON object

更新に伴う要件: 中断はありません。

JobDefinitionName

ジョブ定義の名前。

必須: いいえ

Type: String

更新に伴う要件: 置換。

ContainerProperties

コンテナベースのジョブに固有のさまざまなプロパティが用意されたオブジェクト。

必須: はい

タイプ: AWS Batch JobDefinition ContainerProperties

更新に伴う要件: 中断はありません。

RetryStrategy

このジョブ定義で送信したジョブが失敗したときの再試行戦略。

必須: いいえ

タイプ: AWS Batch JobDefinition RetryStrategy

更新に伴う要件: 中断はありません。

戻り値

参照番号

AWS::Batch::JobDefinition リソースの論理 ID を Ref 組み込み関数に渡すと、その関数はジョブ定義 ARN (arn:aws:batch:us-east-1:111122223333:job-definition/test-gpu:2 など) を返します。

Ref 関数の使用方法の詳細については、「Ref」を参照してください。

nvidia-smi をテストする

以下の例では、GPU インスタンスに対して nvidia-smi コマンドをテストして、GPU がコンテナ内で機能していることを確認しています。詳細については、『AWS Batch ユーザーガイド』の「GPU の機能のテスト」を参照してください。

JSON

Copy
{ "JobDefinition": { "Type": "AWS::Batch::JobDefinition", "Properties": { "Type": "container", "JobDefinitionName": "nvidia-smi", "ContainerProperties": { "MountPoints": [ { "ReadOnly": false, "SourceVolume": "nvidia", "ContainerPath": "/usr/local/nvidia" } ], "Volumes": [ { "Host": { "SourcePath": "/var/lib/nvidia-docker/volumes/nvidia_driver/latest" }, "Name": "nvidia" } ], "Command": [ "nvidia-smi" ], "Memory": 2000, "Privileged": true, "JobRoleArn": "String", "ReadonlyRootFilesystem": true, "Vcpus": 2, "Image": "nvidia/cuda" } } } }

YAML

Copy
JobDefinition: Type: 'AWS::Batch::JobDefinition' Properties: Type: container JobDefinitionName: nvidia-smi ContainerProperties: MountPoints: - ReadOnly: false SourceVolume: nvidia ContainerPath: /usr/local/nvidia Volumes: - Host: SourcePath: /var/lib/nvidia-docker/volumes/nvidia_driver/latest Name: nvidia Command: - nvidia-smi Memory: 2000 Privileged: true JobRoleArn: String ReadonlyRootFilesystem: true Vcpus: 2 Image: nvidia/cuda

このページの内容: