メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS::DMS::Certificate

AWS::DMS::Certificate リソースは、AWS DMS エンドポイントとレプリケーションインスタンス間の接続を暗号化する SSL 証明書を作成します。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

Copy
{ "Type": "AWS::DMS::Certificate", "Properties": { "CertificateIdentifier": String, "CertificatePem": String, "CertificateWallet": String } }

YAML

Copy
Type: "AWS::DMS::Certificate" Properties: CertificateIdentifier: String CertificatePem: String CertificateWallet: String

プロパティ

CertificateIdentifier

お客様が割り当てた証明書の名前です。有効な文字は、A-z0-9 です。

Required: No

Type: String

更新に伴う要件: 置換

CertificatePem

証明書の .pem X.509 証明書ファイルの内容です。

Required: No

Type: String

更新に伴う要件: 置換

CertificateWallet

SSL と使用する、インポートされた Oracle Wallet 証明書の場所です。

Required: No

タイプ: Base 64 でエンコードされたバイナリデータオブジェクト

更新に伴う要件: 置換

戻り値

参照番号

AWS::DMS::Certificate リソースの証明書を組み込み Ref 関数に渡すと、関数は証明書の Amazon リソースネーム (ARN) の名前を返します。

Ref 関数の使用方法の詳細については、「Ref」を参照してください。

JSON

Copy
{ "AWSTemplateFormatVersion": "2010-09-09", "Description": "Certificate test", "Resources": { "BasicCertificate": { "Type": "AWS::DMS::Certificate", "Properties": { "CertificatePem": "-----BEGIN CERTIFICATE-----\n MIID/DCCAuSgAwIBAgIBUDANBgkqhkiG9w0BAQsFADCBijELMAkGA1UEBhMCVVMx...mqfEEuC7uUoPofXdBp2ObQ==\n -----END CERTIFICATE-----\n" } } } }

YAML

Copy
AWSTemplateFormatVersion: 2010-09-09 Description: Certificate test Resources: BasicCertificate: Type: 'AWS::DMS::Certificate' Properties: CertificatePem: | -----BEGIN CERTIFICATE----- MIID/DCCAuSgAwIBAgIBUDANBgkqhkiG9w0BAQsFADCBijELMAkGA1UEBhMCVVMx...mqfEEuC7uUoPofXdBp2ObQ== -----END CERTIFICATE-----

以下の資料も参照してください。