メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS::EC2::Host

AWS::EC2::Host リソースは、EC2 インスタンスの起動用に完全に専用の物理サーバーを割り当てます。ホストはお客様専有であるため、既存のサーバー範囲内のソフトウェアライセンスを使用することにより、コンプライアンス要件を満たし、コストを削減するのに役立ちます。詳細については、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドの「Dedicated Hosts」参照してください。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

Copy
{ "Type" : "AWS::EC2::Host", "Properties" : { "AutoPlacement" : String, "AvailabilityZone" : String, "InstanceType" : String } }

YAML

Copy
Type: "AWS::EC2::Host" Properties: AutoPlacement: String AvailabilityZone: String InstanceType: String

プロパティ

AutoPlacement

ホストで設定が一致する EC2 インスタンスのみを受け入れるか、インスタンスでもホスト ID を指定する必要があるかを示します。ホスト ID の指定がないインスタンスは、AutoPlacement 設定が off になっているホストでは起動できません。デフォルトでは、AWS CloudFormation はこのプロパティを on に設定します。詳細については、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドインスタンスのプレイスメントとホストのアフィニティについてを参照してください。

Required: No

Type: String

更新に伴う要件: 中断はありません。

AvailabilityZone

専有ホストを起動するアベイラビリティーゾーン (AZ)。

Required: Yes

Type: String

更新に伴う要件: 置換

InstanceType

専有ホストで受け入れるインスタンスタイプ。このタイプのインスタンスのみがホストに起動できます。詳細については、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドサポートされるインスタンスタイプを参照してください。

Required: Yes

Type: String

更新に伴う要件: 置換

戻り値

参照番号

このリソースの論理 ID が Ref 組み込み関数に提供されると、Ref により h-0ab123c45d67ef89 のようなホスト ID が返されます。

Ref 関数の使用方法の詳細については、「Ref」を参照してください。

次の例では、us-east-1a アベイラビリティーゾーンの c3.large インスタンスに専有ホストを割り当てます。

Copy
"Host" : { "Type" : "AWS::EC2::Host", "Properties" : { "AutoPlacement" : "on", "AvailabilityZone" : "us-east-1a", "InstanceType" : "c3.large" } }

このページの内容: