メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS::EC2::Route

AWS::EC2::Route リソースは、VPC 内のルートテーブルに新しいルートを作成します。ルートのターゲットには、VPC にアタッチされているゲートウェイまたは VPC 内の NAT インスタンスを指定できます。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

Copy
{ "Type" : "AWS::EC2::Route", "Properties" : { "DestinationCidrBlock" : String, "DestinationIpv6CidrBlock" : String, "EgressOnlyInternetGatewayId" : String, "GatewayId" : String, "InstanceId" : String, "NatGatewayId" : String, "NetworkInterfaceId" : String, "RouteTableId" : String, "VpcPeeringConnectionId" : String } }

YAML

Copy
Type: "AWS::EC2::Route" Properties: DestinationCidrBlock: String DestinationIpv6CidrBlock: String EgressOnlyInternetGatewayId: String GatewayId: String InstanceId: String NatGatewayId: String NetworkInterfaceId: String RouteTableId: String VpcPeeringConnectionId: String

プロパティ

DestinationCidrBlock

ルーティング先の照合に使用する IPv4 CIDR アドレスブロック。 ("0.0.0.0/0" など)。ルーティングの決定は、最も具体的な一致に基づきます。

Required: Conditional。DestinationCidrBlock または DestinationIpv6CidrBlock プロパティを指定する必要があります。

Type: String

更新に伴う要件: 置換

DestinationIpv6CidrBlock

ルーティング先の照合に使用する IPv6 CIDR アドレスブロック。 ("::/0" など)。ルーティングの決定は、最も具体的な一致に基づきます。

Required: Conditional。DestinationCidrBlock または DestinationIpv6CidrBlock プロパティを指定する必要があります。

Type: String

更新に伴う要件: 置換

EgressOnlyInternetGatewayId

VPC (IPv6 のみ) にアタッチされている Egress-Only インターネットゲートウェイの ID です。

Required: Conditional。EgressOnlyInternetGatewayIdGatewayIdInstanceIdNatGatewayIdNetworkInterfaceId、または VpcPeeringConnectionId のプロパティのうち、1 つのみ指定する必要があります。このプロパティを使用する例については、Egress-Only インターネットゲートウェイを持つ Amazon EC2 ルートを参照してください。

Type: String

更新に伴う要件: 中断はありません。

GatewayId

インターネットゲートウェイまたは VPC にアタッチされている仮想プライベートゲートウェイの ID。例: igw-eaad4883

ゲートウェイを指定するルートエントリの場合、ゲートウェイアタッチメントリソースへの依存関係を指定する必要があります。詳細については、「DependsOn 属性」を参照してください。

Required: Conditional。EgressOnlyInternetGatewayIdGatewayIdInstanceIdNatGatewayIdNetworkInterfaceId、または VpcPeeringConnectionId のプロパティのうち、1 つのみ指定する必要があります。

Type: String

更新に伴う要件: 中断はありません。

InstanceId

VPC の NAT インスタンスの ID。たとえば、i-1a2b3c4d と指定します。

Required: Conditional。EgressOnlyInternetGatewayIdGatewayIdInstanceIdNatGatewayIdNetworkInterfaceId、または VpcPeeringConnectionId のプロパティのうち、1 つのみ指定する必要があります。

Type: String

更新に伴う要件: 中断はありません。

NatGatewayId

NAT ゲートウェイの ID。たとえば、nat-0a12bc456789de0fg と指定します。

Required: Conditional。EgressOnlyInternetGatewayIdGatewayIdInstanceIdNatGatewayIdNetworkInterfaceId、または VpcPeeringConnectionId のプロパティのうち、1 つのみ指定する必要があります。

Type: String

更新に伴う要件: 中断はありません。

NetworkInterfaceId

ネットワークインターフェイス ID のルーティングを可能にします。

Required: Conditional。EgressOnlyInternetGatewayIdGatewayIdInstanceIdNatGatewayIdNetworkInterfaceId、または VpcPeeringConnectionId のプロパティのうち、1 つのみ指定する必要があります。

Type: String

更新に伴う要件: 中断はありません。

RouteTableId

ルートを追加するルートテーブルの ID。

必須: はい

Type: String

更新に伴う要件: 置換

VpcPeeringConnectionId

VPC ピア接続の ID。

Required: Conditional。EgressOnlyInternetGatewayIdGatewayIdInstanceIdNatGatewayIdNetworkInterfaceId、または VpcPeeringConnectionId のプロパティのうち、1 つのみ指定する必要があります。

Type: String

更新に伴う要件: 中断はありません。

戻り値

参照番号

このリソースの論理 ID が Ref 組み込み関数に提供されると、Ref によりリソース名が返されます。

Ref 関数の使用方法の詳細については、「Ref」を参照してください。

次の例では、ゲートウェイに追加されたルートを作成します。

JSON

Copy
{ "AWSTemplateFormatVersion" : "2010-09-09", "Resources" : { "myRoute" : { "Type" : "AWS::EC2::Route", "DependsOn" : "GatewayToInternet", "Properties" : { "RouteTableId" : { "Ref" : "myRouteTable" }, "DestinationCidrBlock" : "0.0.0.0/0", "GatewayId" : { "Ref" : "myInternetGateway" } } } } }

YAML

Copy
AWSTemplateFormatVersion: '2010-09-09' Resources: myRoute: Type: AWS::EC2::Route DependsOn: GatewayToInternet Properties: RouteTableId: Ref: myRouteTable DestinationCidrBlock: 0.0.0.0/0 GatewayId: Ref: myInternetGateway

詳細

このページの内容: