メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS::EC2::SubnetCidrBlock

AWS::EC2::SubnetCidrBlock リソースは、単独の IPv6 CIDR ブロックを Amazon VPC サブネットと関連付けます。

トピック

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

Copy
{ "Type" : "AWS::EC2::SubnetCidrBlock", "Properties" : { "Ipv6CidrBlock" : String, "SubnetId" : String } }

YAML

Copy
Type: "AWS::EC2::SubnetCidrBlock" Properties: Ipv6CidrBlock: String SubnetId: String

プロパティ

Ipv6CidrBlock

サブネットの IPv6 CIDR ブロック。CIDR ブロックは、長さ /64 のプレフィックスを使用する必要があります。

Required: Yes

Type: String

更新に伴う要件: 置換

SubnetId

IPv6 CIDR ブロックを関連付けるサブネットの ID。

Required: Yes

Type: String

更新に伴う要件: 置換

次の例では、IPv6 CIDR ブロック (長さ /64 のプレフィックス) を Ipv6TestSubnet サブネットに関連付けます。

JSON

Copy
{ "Ipv6TestSubnetCidrBlock": { "Type": "AWS::EC2::SubnetCidrBlock", "Properties": { "Ipv6CidrBlock": { "Ref" : "Ipv6SubnetCidrBlock" }, "SubnetId": { "Ref" : "Ipv6TestSubnet" } } } }

YAML

Copy
Ipv6TestSubnetCidrBlock: Type: "AWS::EC2::SubnetCidrBlock" Properties: Ipv6CidrBlock: !Ref Ipv6SubnetCidrBlock SubnetId: !Ref Ipv6TestSubnet

このページの内容: