メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS::EMR::Step

AWS::EMR::Step リソースは、Amazon EMR (Amazon EMR) クラスターに送信する作業単位 (ジョブフローのステップ) を作成します。ジョブフローのステップは、クラスターのデータを処理する手順を示します。

注記

ワークフローのステップは削除できません。スタックの更新時にステップを削除すると、AWS CloudFormation は一切のアクションを行いません。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

Copy
{ "Type" : "AWS::EMR::Step", "Properties" : { "ActionOnFailure" : String, "HadoopJarStep" : HadoopJarStepConfig, "JobFlowId" : String, "Name" : String } }

YAML

Copy
Type: "AWS::EMR::Step" Properties: ActionOnFailure: String HadoopJarStep: HadoopJarStepConfig JobFlowId: String Name: String

プロパティ

ActionOnFailure

ジョブフローのステップが失敗した場合に行うアクション。現在、AWS CloudFormation では CONTINUECANCEL_AND_WAIT をサポートしています。

  • TERMINATE_CLUSTER は、ステップに失敗すると、関連するすべてのクラスタリソースが終了し、その後のステップやジョブも試行されないことを意味します。

  • CANCEL_AND_WAIT は、ステップはキャンセルされるが、その後のステップやジョブは試行されることを意味します。

詳細については、Amazon EMR 管理ガイドの「クラスター終了の管理」を参照してください。

Required: Yes

Type: String

更新に伴う要件: 置換

HadoopJarStep

Amazon EMR が実行する main 関数を含む JAR ファイル。

Required: Yes

Type: Amazon EMR ステップの HadoopJarStepConfig

更新に伴う要件: 置換

JobFlowId

このジョブフローのステップを実行するクラスターの ID。

Required: Yes

Type: String

更新に伴う要件: 置換

Name

ジョブフローのステップの名前。

Required: Yes

Type: String

更新に伴う要件: 置換

戻り値

参照番号

このリソースの論理 ID が Ref 組み込み関数に提供されると、Ref によりステップ ID (s-1A2BC3D4EFG56 など) が返されます。

Ref 関数の使用方法の詳細については、「Ref」を参照してください。

次の例では、TestCluster クラスターに作業を送信するステップを作成します。ステップは、Args プロパティで指定された 5 個のマップと10 個のサンプルを使用して hadoop-mapreduce-examples-2.6.0.jar ファイルの pi プログラムを実行します。

JSON

Copy
"TestStep": { "Type": "AWS::EMR::Step", "Properties": { "ActionOnFailure": "CONTINUE", "HadoopJarStep": { "Args": [ "5", "10" ], "Jar": "s3://emr-cfn-test/hadoop-mapreduce-examples-2.6.0.jar", "MainClass": "pi" }, "Name": "TestStep", "JobFlowId": { "Ref": "TestCluster" } } }

YAML

Copy
TestStep: Type: "AWS::EMR::Step" Properties: ActionOnFailure: "CONTINUE" HadoopJarStep: Args: - "5" - "10" Jar: "s3://emr-cfn-test/hadoop-mapreduce-examples-2.6.0.jar" MainClass: "pi" Name: "TestStep" JobFlowId: Ref: "TestCluster"

このページの内容: