メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS::GameLift::Alias

AWS::GameLift::Alias リソースで Amazon GameLift (GameLift) フリートのエイリアスを作成し、このエイリアスを使ってフリートを匿名化できます。ゲームセッションを作成する際、特定のフリートの代わりにエイリアスを参照できます。詳細については、Amazon GameLift API リファレンスの「CreateAlias」アクションを参照してください。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

Copy
{ "Type" : "AWS::GameLift::Alias", "Properties" : { "Name" : String, "Description" : String, "RoutingStrategy" : RoutingStrategy } }

YAML

Copy
Type: "AWS::GameLift::Alias" Properties: Name: String Description: String RoutingStrategy: RoutingStrategy

プロパティ

Description

このエイリアスの目的を識別するために役立つ情報。

Required: No

Type: String

更新に伴う要件: 中断はありません。

Name

このエイリアスに関連付ける識別子。エイリアス名は一意である必要はありません。

Required: Yes

Type: String

更新に伴う要件: 中断はありません。

RoutingStrategy

このエイリアスに対するトラフィックの転送先としてフリートやメッセージなどを指定するルーティング設定。

Required: Yes

Type: Amazon GameLift エイリアスの RoutingStrategy

更新に伴う要件: 中断はありません。

戻り値

参照番号

このリソースの論理 ID が Ref 組み込み関数に提供されると、Ref によりエイリアス ID (myalias-a01234b56-7890-1de2-f345-g67h8i901j2k など) が返されます。

Ref 関数の使用方法の詳細については、「Ref」を参照してください。

次の例では、一般的なターミナルメッセージで TerminalAlias というターミナルエイリアスを作成します。

JSON

Copy
"AliasResource": { "Type": "AWS::GameLift::Alias", "Properties": { "Name": "TerminalAlias", "Description": "A terminal alias", "RoutingStrategy": { "Type": "TERMINAL", "Message": "Terminal routing strategy message" } } }

YAML

Copy
AliasResource: Type: "AWS::GameLift::Alias" Properties: Name: "TerminalAlias" Description: "A terminal alias" RoutingStrategy: Type: "TERMINAL" Message: "Terminal routing strategy message"

このページの内容: