メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS::IoT::Certificate

X.509 証明書を宣言するには AWS::IoT::Certificateリソースを使用します。

X.509 証明書の操作方法の詳細については、AWS IoT 開発者ガイドAWS IoT の認証 を参照してください。

構文

JSON

Copy
{ "Type": "AWS::IoT::Certificate", "Properties": { "CertificateSigningRequest": String, "Status": String } }

YAML

Copy
Type: "AWS::IoT::Certificate" Properties: CertificateSigningRequest: String Status: String

プロパティ

CertificateSigningRequest

証明書署名リクエスト (CSR)。

Required: Yes

Type: String

更新に伴う要件: 置換

Status

証明書のステータス。

Required: Yes

Type: String

更新に伴う要件: 中断はありません。

戻り値

参照番号

このリソースの論理 ID をRef組み込み関数Refに提供すると、証明書 ID が返されます。(例:

Copy
{ "Ref": "MyCertificate" }

次のような値が返されます:

Copy
a1234567b89c012d3e4fg567hij8k9l01mno1p23q45678901rs234567890t1u2

Ref 関数の使用方法の詳細については、「Ref」を参照してください。

Fn::GetAtt

Fn::GetAtt は、このタイプの指定された属性の値を返します。以下には、利用可能な属性とサンプル戻り値のリストが示されます。

Arn

インスタンスプロファイルの Amazon リソースネーム (ARN) を返します。(例:

Copy
{ "Fn::GetAtt": ["MyCertificate", "Arn"] }

次のような値が返されます:

Copy
arn:aws:iot:ap-southeast-2:123456789012:cert/a1234567b89c012d3e4fg567hij8k9l01mno1p23q45678901rs234567890t1u2

Fn::GetAtt の使用の詳細については、「Fn::GetAtt」を参照してください。

次の例では、X.509 証明書とステータスを宣言します。

JSON

Copy
{ "AWSTemplateFormatVersion": "2010-09-09", "Resources": { "MyCertificate": { "Type": "AWS::IoT::Certificate", "Properties": { "CertificateSigningRequest": { "Ref": "CSRParameter" }, "Status": { "Ref": "StatusParameter" } } } }, "Parameters": { "CSRParameter": { "Type": "String" }, "StatusParameter": { "Type": "String" } } }

YAML

Copy
AWSTemplateFormatVersion: "2010-09-09" Resources: MyCertificate: Type: "AWS::IoT::Certificate" Properties: CertificateSigningRequest: Ref: "CSRParameter" Status: Ref: "StatusParameter" Parameters: CSRParameter: Type: "String" StatusParameter: Type: "String"

このページの内容: