メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS::KinesisAnalytics::ApplicationReferenceDataSource

AWS CloudFormation の AWS::KinesisAnalytics::ApplicationReferenceDataSource リソースを使用して、リファレンスデータソースを既存の Amazon Kinesis Analytics アプリケーションに追加します。詳細については、Amazon Kinesis Analytics 開発者ガイド の「AddApplicationReferenceDataSource」を参照してください。

トピック

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

Copy
{ "Type" : "AWS::KinesisAnalytics::ApplicationReferenceDataSource", "Properties" : { "ApplicationName" : String, "ReferenceDataSource" : ReferenceDataSource, } }

YAML

Copy
Type: "AWS::KinesisAnalytics::ApplicationReferenceDataSource" Properties: ApplicationName: String ReferenceDataSource: ReferenceDataSource

プロパティ

ApplicationName

既存のアプリケーションの名前です。

必須: はい

タイプ: 文字列

更新に伴う要件: 置換。

ReferenceDataSource

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケット内のオブジェクトである、リファレンスデータソースです。

必須: はい

タイプ: Kinesis Analytics ApplicationReferenceDataSource ReferenceDataSource

更新に伴う要件: 中断はありません。

ApplicationReferenceDataSource リソースの作成

次の例では ApplicationReferenceDataSource リソースを作成します。

YAML

Copy
ApplicationReferenceDataSource: Type: "AWS::KinesisAnalytics::ApplicationReferenceDataSource" Properties: ApplicationName: !Ref BasicApplication ReferenceDataSource: TableName: "exampleTable" ReferenceSchema: RecordColumns: - Name: "example" SqlType: "VARCHAR(16)" Mapping: "$.example" RecordFormat: RecordFormatType: "JSON" MappingParameters: JSONMappingParameters: RecordRowPath: "$" S3ReferenceDataSource: BucketARN: !GetAtt S3Bucket.Arn FileKey: 'fakeKey' ReferenceRoleARN: !GetAtt KinesisAnalyticsRole.Arn

このページの内容: