メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS::OpsWorks::ElasticLoadBalancerAttachment

指定した AWS OpsWorks レイヤーに Elastic Load Balancing ロードバランサーをアタッチします。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

Copy
{ "Type": "AWS::OpsWorks::ElasticLoadBalancerAttachment", "Properties": { "ElasticLoadBalancerName" : String, "LayerId" : String } }

YAML

Copy
Type: "AWS::OpsWorks::ElasticLoadBalancerAttachment" Properties: ElasticLoadBalancerName: String LayerId: String

プロパティ

ElasticLoadBalancerName

Elastic Load Balancing ロードバランサー名。

Required: Yes

Type: String

更新に伴う要件: 中断はありません。

LayerId

Elastic Load Balancing ロードバランサーをアタッチする AWS OpsWorks レイヤーの ID。

Required: Yes

Type: String

更新に伴う要件: 中断はありません。

テンプレートスニペット

次のコードスニペットは、AWS OpsWorks レイヤーへのロードバランサーのアタッチメントを指定します (AWS OpsWorks レイヤーとロードバランサーは、どちらも同じテンプレート内の他の場所で記述されています)。

JSON

Copy
"ELBAttachment" : { "Type" : "AWS::OpsWorks::ElasticLoadBalancerAttachment", "Properties" : { "ElasticLoadBalancerName" : { "Ref" : "ELB" }, "LayerId" : { "Ref" : "Layer" } } }

YAML

Copy
ELBAttachment: Type: "AWS::OpsWorks::ElasticLoadBalancerAttachment" Properties: ElasticLoadBalancerName: Ref: "ELB" LayerId: Ref: "Layer"

以下の資料も参照してください。