メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS::OpsWorks::Volume

AWS::OpsWorks::Volume リソースは Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ボリュームを AWS OpsWorks スタックに登録します。

構文

JSON

Copy
{ "Type" : "AWS::OpsWorks::Volume", "Properties" : { "Ec2VolumeId" : String, "MountPoint" : String, "Name" : String, "StackId" : String } }

YAML

Copy
Type: "AWS::OpsWorks::Volume" Properties: Ec2VolumeId: String MountPoint: String Name: String StackId: String

プロパティ

Ec2VolumeId

AWS OpsWorks スタックに登録する Amazon EBS ボリュームの ID。

Required: Yes

Type: String

更新に伴う要件: 置換

MountPoint

Amazon EBS ボリュームのマウントポイント (/mnt/disk1 など)。

Required: No

Type: String

更新に伴う要件: 中断はありません。

Name

Amazon EBS ボリュームの名前。

Required: No

Type: String

更新に伴う要件: 中断はありません。

StackId

AWS OpsWorks がボリュームを登録する AWS OpsWorks スタックの ID。

Required: Yes

Type: String

更新に伴う要件: 置換

戻り値

参照番号

このリソースの論理 ID が Ref 組み込み関数に提供されると、Ref により 1ab23cd4-92ff-4501-b37c-example のような AWS OpsWorks ボリューム ID が返されます。

Ref 関数の使用方法の詳細については、「Ref」を参照してください。

次の例では、ec2volume ボリュームを opsworksstack スタックに登録します。どちらも同じテンプレートの別の箇所で宣言されています。

JSON

Copy
"opsworksVolume": { "Type": "AWS::OpsWorks::Volume", "Properties": { "Ec2VolumeId": { "Ref": "ec2volume" }, "MountPoint": "/dev/sdb", "Name": "testOpsWorksVolume", "StackId": { "Ref": "opsworksstack" } } }

YAML

Copy
opsworksVolume: Type: AWS::OpsWorks::Volume Properties: Ec2VolumeId: !Ref 'ec2volume' MountPoint: /dev/sdb Name: testOpsWorksVolume StackId: !Ref 'opsworksstack'

このページの内容: