メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS::RDS::DBSubnetGroup

AWS::RDS::DBSubnetGroup タイプは、RDS データベースのサブネットグループを作成します。サブネットグループは、同じリージョンの 2 つの異なるアベイラビリティーゾーン内のサブネットを少なくとも 2 つ含んでいる必要があります。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

Copy
{ "Type" : "AWS::RDS::DBSubnetGroup", "Properties" : { "DBSubnetGroupDescription" : String, "SubnetIds" : [ String, ... ], "Tags" : [ Resource Tag, ... ] } }

YAML

Copy
Type: "AWS::RDS::DBSubnetGroup" Properties: DBSubnetGroupDescription: String SubnetIds: - 文字列 Tags: - Resource Tag

プロパティ

DBSubnetGroupDescription

DB サブネットグループの説明。

Required: Yes

Type: String

更新に伴う要件: 中断はありません。

SubnetIds

DB サブネットグループの EC2 サブネット ID。

Required: Yes

Type: List of String values

更新に伴う要件: 中断はありません。

Tags

RDS データベースのサブネットグループにアタッチするタグ。

Required: No

タイプ: キーと値の形式のリソースタグのリスト。

更新に伴う要件: 中断はありません。

戻り値

参照番号

AWS::RDS::DBSubnetGroup リソースの論理 ID を組み込み Ref 関数に渡すと、関数は DB サブネットグループの名前 (mystack-mydbsubnetgroup-0a12bc456789de0fg など) を返します。

Ref 関数の使用方法の詳細については、「Ref」を参照してください。

JSON

Copy
{ "AWSTemplateFormatVersion" : "2010-09-09", "Resources" : { "myDBSubnetGroup" : { "Type" : "AWS::RDS::DBSubnetGroup", "Properties" : { "DBSubnetGroupDescription" : "description", "SubnetIds" : [ "subnet-7b5b4112", "subnet-7b5b4115" ], "Tags" : [ {"Key" : "String", "Value" : "String"} ] } } } }

YAML

Copy
AWSTemplateFormatVersion: "2010-09-09" Resources: myDBSubnetGroup: Type: "AWS::RDS::DBSubnetGroup" Properties: DBSubnetGroupDescription: "description" SubnetIds: - "subnet-7b5b4112" - "subnet-7b5b4115" Tags: - Key: "String" Value: "String"

以下の資料も参照してください。