メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS::Redshift::ClusterSecurityGroup

Amazon Redshift セキュリティグループを作成します。VPC 内にない Amazon Redshift クラスターへのアクセスを制御するには、セキュリティグループを使用します。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

Copy
{ "Type" : "AWS::Redshift::ClusterSecurityGroup", "Properties" : { "Description" : String, "Tags" : [ Resource Tag, ... ] } }

YAML

Copy
Type: "AWS::Redshift::ClusterSecurityGroup" Properties: Description: String Tags: - Resource Tag

プロパティ

Description

セキュリティグループの説明。

Required: Yes

Type: String

更新に伴う要件: 置換

Tags

このセキュリティグループに関連付ける任意のタグのセット (キーと値のペア) を指定します。タグを使ってリソースを管理します。

Required: No

Type: AWS CloudFormation Resource Tags

更新に伴う要件: 中断はありません。

戻り値

参照番号

このリソースの論理 ID が Ref 組み込み関数に提供されると、Ref によりリソース名が返されます。 例:

Copy
{ "Ref": "myClusterSecurityGroup" }

Amazon Redshift セキュリティグループ myClusterSecurityGroup に対し、Ref はクラスターセキュリティグループの名前を返します。

Ref 関数の使用方法の詳細については、「Ref」を参照してください。

次の例では、クラスターセキュリティグループの進入ルールを関連付けることができる Amazon Redshift クラスターセキュリティグループを作成します。

JSON

Copy
"myClusterSecurityGroup": { "Type": "AWS::Redshift::ClusterSecurityGroup", "Properties": { "Description": "Security group to determine where connections to the Amazon Redshift cluster can come from", "Tags": [ { "Key": "foo", "Value": "bar" } ] } }

YAML

Copy
myClusterSecurityGroup: Type: "AWS::Redshift::ClusterSecurityGroup" Properties: Description: "Security group to determine where connections to the Amazon Redshift cluster can come from" Tags: - Key: foo Value: bar

以下の資料も参照してください。