メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS::Redshift::ClusterSecurityGroupIngress

Amazon Redshift セキュリティグループのインバウンド (Ingress) ルールを指定します。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

Copy
{ "Type" : "AWS::Redshift::ClusterSecurityGroupIngress", "Properties" : { "ClusterSecurityGroupName" : String, "CIDRIP" : String, "EC2SecurityGroupName" : String, "EC2SecurityGroupOwnerId" : String } }

YAML

Copy
Type: "AWS::Redshift::ClusterSecurityGroupIngress" Properties: ClusterSecurityGroupName: String CIDRIP: String EC2SecurityGroupName: String EC2SecurityGroupOwnerId: String

プロパティ

ClusterSecurityGroupName

Ingress ルールに関連付ける Amazon Redshift セキュリティグループの名前。

Required: Yes

Type: String

更新に伴う要件: 置換

CIDRIP

Amazon Redshift セキュリティグループへのインバウンドアクセスを許可する IP アドレス範囲。

Required: No

Type: String

更新に伴う要件: 置換

EC2SecurityGroupName

Amazon Redshift セキュリティグループを追加する Amazon EC2 セキュリティグループ。

Required: No

Type: String

更新に伴う要件: 置換

EC2SecurityGroupOwnerId

EC2SecurityGroupName パラメーターに指定された Amazon EC2 セキュリティグループの所有者の 12 桁の AWS アカウント番号。

Required: Conditional。EC2SecurityGroupName プロパティを指定する場合は、このプロパティを指定する必要があります。

Type: String

更新に伴う要件: 置換

テンプレートスニペット

次のスニペットは、Amazon Redshift クラスターのセキュリティグループの Ingress ルールを表しています。

JSON

Copy
"myClusterSecurityGroupIngressIP" : { "Type": "AWS::Redshift::ClusterSecurityGroupIngress", "Properties": { "ClusterSecurityGroupName" : {"Ref":"myClusterSecurityGroup"}, "CIDRIP" : "10.0.0.0/16" } }

YAML

Copy
myClusterSecurityGroupIngressIP: Type: "AWS::Redshift::ClusterSecurityGroupIngress" Properties: ClusterSecurityGroupName: Ref: "myClusterSecurityGroup" CIDRIP: "10.0.0.0/16"

以下の資料も参照してください。