メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS::Redshift::ClusterSubnetGroup

Amazon Redshift サブネットグループを作成します。Amazon Redshift サブネットグループを作成する際は、Amazon VPC に既に存在するサブネットを少なくとも 1 つ指定する必要があります。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

Copy
{ "Type" : "AWS::Redshift::ClusterSubnetGroup", "Properties" : { "Description" : String, "SubnetIds" : [ String, ... ], "Tags" : [ Resource Tag, ... ] } }

YAML

Copy
Type: "AWS::Redshift::ClusterSubnetGroup" Properties: Description: String SubnetIds: - String Tags: - Resource Tag

プロパティ

Description

サブネットグループの説明。

Required: Yes

Type: String

更新に伴う要件: 中断はありません。

SubnetIds

VPC サブネット ID のリスト。最大 20 個のサブネットを変更することができます。

Required: Yes

Type: List of String values

更新に伴う要件: 中断はありません。

Tags

このサブネットグループに関連付ける任意のタグのセット (key–値のペア) を指定します。タグを使ってリソースを管理します。

Required: No

Type: AWS CloudFormation Resource Tags

更新に伴う要件: 中断はありません。

戻り値

参照番号

このリソースの論理 ID が Ref 組み込み関数に提供されると、Ref によりリソース名が返されます。 例:

Copy
{ "Ref": "myClusterSubnetGroup" }

Amazon Redshift クラスターのサブネットグループ myClusterSubnetGroup について、そのサブネットグループの名前が Ref から返されます。

Ref 関数の使用方法の詳細については、「Ref」を参照してください。

以下の例では、Amazon Redshift クラスターサブネットグループのサブネットを 1 つ指定しています。

JSON

Copy
"myClusterSubnetGroup": { "Type": "AWS::Redshift::ClusterSubnetGroup", "Properties": { "Description": "My ClusterSubnetGroup", "SubnetIds": [ "subnet-7fbc2813" ], "Tags": [ { "Key": "foo", "Value": "bar" } ] } }

YAML

Copy
myClusterSubnetGroup: Type: 'AWS::Redshift::ClusterSubnetGroup' Properties: Description: My ClusterSubnetGroup SubnetIds: - subnet-7fbc2813 Tags: - Key: foo Value: bar

このページの内容: