メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS::Route53::HealthCheck

AWS::Route53::HealthCheck リソースを使用して、Amazon Route 53 が DNS クエリに応答する前にリソースのヘルスチェックを行います。詳細については、Amazon Route 53 開発者ガイドの「単純な Route 53 設定を使用したヘルスチェックの動作」を参照してください。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

Copy
{ "Type" : "AWS::Route53::HealthCheck", "Properties" : { "HealthCheckConfig" : HealthCheckConfig, "HealthCheckTags" : [ HealthCheckTags, ... ] } }

YAML

Copy
Type: "AWS::Route53::HealthCheck" Properties: HealthCheckConfig: HealthCheckConfig HealthCheckTags: - HealthCheckTags

プロパティ

HealthCheckConfig

Amazon Route 53 のヘルスチェックです。

Required: Yes

タイプ: Amazon Route 53 HealthCheckConfig

更新に伴う要件: 中断はありません。

HealthCheckTags

このヘルスチェックに対するタグ (キーと値のペア) の任意のセット。

Required: No

: Amazon Route 53 HealthCheckTags のリスト

更新に伴う要件: 中断はありません。

戻り値

参照番号

このリソースの論理 ID が Ref 組み込み関数に提供されると、Ref により e0a123b4-4dba-4650-935e-example のようなヘルスチェック ID が返されます。

Ref 関数の使用方法の詳細については、「Ref」を参照してください。

次の例では、指定のエンドポイントに要求を送信する Amazon Route 53 ヘルスチェックを作成します。

JSON

Copy
"myHealthCheck": { "Type": "AWS::Route53::HealthCheck", "Properties": { "HealthCheckConfig": { "IPAddress": "000.000.000.000", "Port": "80", "Type": "HTTP", "ResourcePath": "/example/index.html", "FullyQualifiedDomainName": "example.com", "RequestInterval": "30", "FailureThreshold": "3" }, "HealthCheckTags" : [{ "Key": "SampleKey1", "Value": "SampleValue1" }, { "Key": "SampleKey2", "Value": "SampleValue2" }] } }

YAML

Copy
myHealthCheck: Type: "AWS::Route53::HealthCheck" Properties: HealthCheckConfig: IPAddress: "000.000.000.000" Port: "80" Type: "HTTP" ResourcePath: "/example/index.html" FullyQualifiedDomainName: "example.com" RequestInterval: "30" FailureThreshold: "3" HealthCheckTags: - Key: "SampleKey1" Value: "SampleValue1" - Key: "SampleKey2" Value: "SampleValue2"

このページの内容: