メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS::SSM::MaintenanceWindowTarget

AWS::SSM::MaintenanceWindowTarget リソースで、ターゲットを Amazon EC2 Systems Manager のメンテナンスウィンドウに登録します。詳細については、『Amazon EC2 Systems Manager API リファレンス』の「RegisterTargetWithMaintenanceWindow」を参照してください。

構文

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、次の構文を使用します。

JSON

Copy
{ "Type" : "AWS::SSM::MaintenanceWindowTarget", "Properties" : { "OwnerInformation" : String, "Description" : String, "WindowId" : String, "ResourceType" : String, "Targets" : [ Targets, ... ], "Name" : String } }

YAML

Copy
Type: "AWS::SSM::MaintenanceWindowTarget" Properties: OwnerInformation: String Description: String WindowId: String ResourceType: String Targets: - Targets Name: String

プロパティ

OwnerInformation

このメンテナンスウィンドウでこれらのターゲットのタスクの実行中に発生した CloudWatch イベントの任意のイベントに含むユーザー提供の値。

必須: いいえ

タイプ: 文字列

更新に伴う要件: 中断はありません。

Description

ターゲットの説明。

必須: いいえ

タイプ: 文字列

更新に伴う要件: 中断はありません。

WindowId

ターゲットを登録するメンテナンスウィンドウの ID。

必須: はい

タイプ: 文字列

更新に伴う要件: 置換。

ResourceType

メンテナンスウィンドウに登録されているターゲットのタイプ。

必須: はい

タイプ: 文字列

更新に伴う要件: 中断はありません。

Targets

ターゲット (インスタンスまたはタグ)

  • インスタンスは Key=instanceids,Values=instanceid1,instanceid2 を使用して指定します。

  • タグは Key=tag name,Values=tag value を使用して指定します。

必須: はい

: SSM MaintenanceWindowTarget ターゲット のリスト

更新に伴う要件: 中断はありません。

Name

ターゲットの名前 (オプション)。

必須: いいえ

タイプ: 文字列

更新に伴う要件: 中断はありません。

戻り値

参照番号

AWS::SSM::MaintenanceWindowTarget リソースの論理 ID を組み込み Ref 関数に渡すと、関数はリソースの物理 ID (12a345b6-bbb7-4bb6-90b0-8c9577a2d2b9 など) を返します。

Ref 関数の使用方法の詳細については、「Ref」を参照してください。

以下の資料も参照してください。