メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

変更セットを使用したスタックの作成

スタックを作成する前に AWS CloudFormation スタックの設定方法を確認するには、変更セットを作成します。この機能で、変更セットを実行する前に、さまざまな設定を検証し、スタックに修正や変更を行うことができます。

新しいスタックのために変更セットを作成する

新しいスタックのために変更セットを作成するには、テンプレート、入力パラメーター値、またはその両方を提供することで使用したい設定を送信します。

変更セットを作成するには (コンソール)

  1. AWS CloudFormation コンソールで、[Create Stack] を選択し、[Create Change Set for New Stack] を選択します。

     スタックの作成メニューの、新しいスタックオプションの変更セットの作成。
  2. [Select Template] で、テンプレートの場所を指定します。

    • ローカルに保存されているテンプレートの場合は、[Upload a template to Amazon S3] を選択します。[Choose File] を選択してファイルの場所に移動してファイルを選び、[Next] を選択します。

    • Amazon S3 バケットに保存されているテンプレートの場合は、[Specify an Amazon S3 URL] を選択します。テンプレートの URL を入力するか貼り付けて、[Next] を選択します。

      テンプレートがバージョニングの有効なバケットに保存してある場合、次のような特定のバージョンを指定できます。https://s3.amazonaws.com/templates/myTemplate.template?versionId=123ab1cdeKdOW5IH4GAcYbEngcpTJTDW

      詳細については、Amazon Simple Storage Service コンソールユーザーガイドの「バージョニングが有効なバケット内のオブジェクトを管理する」を参照してください。

  3. [Specify Details] ページで、以下の項目を設定します。

    • [Stack name] を入力します。

    • (オプション) 変更セットを特定するには、[Name] と [Description] を入力します。

    • テンプレートにパラメーターが含まれる場合は、[Parameters] セクションでパラメーター値を入力します。

    終了したら、[Next] を選択します。

  4. (オプション) [Options] ページで、スタックのサービスロール、スタックタグ、およびスタックの Amazon SNS 通知トピックを更新し、[Next] を選択します。

  5. [Review] ページで、を設定案を確認します。

    テンプレートに AWS Identity and Access Management (IAM) リソースが含まれている場合、[I acknowledge that this template may create IAM resources] を選択して、この変更セットを実行した場合は AWS CloudFormation によって IAM リソースが作成される可能性があることを了解します。IAM リソースは AWS アカウントのアクセス権限を変更できます。修正アクションの許可を確認するためにこれらのリソースを確認します。詳細については、「AWS Identity and Access Management によるアクセスの制御」を参照してください。

    終了したら、[Create change set] を選択します。

    AWS CloudFormation が変更セットを作成し始めている間、変更セットのステータスは [CREATE_IN_PROGRESS] です。AWS CloudFormation が作成を完了すると、ステータスが [CREATE_COMPLETE] となります。[Changes] セクションで、AWS CloudFormation はスタックの設定案をリスト表示します。

     変更セットのプレビュー。

    AWS CloudFormation で変更セットの作成に失敗し、[CREATE_FAILED] ステータスが報告された場合、[Status] フィールドに表示されたエラーを修正して、新しい変更セットを作成します。この段階で、次の変更セットを実行する前に、さまざまな設定を試みスタックへ修正と変更を加えることができます。

  6. 変更セットを使用して新しいスタックを作成するには、[Execute] を選択し、再度 [Execute] を選択します。

    変更セットを作成すると、AWS CloudFormation はスタックを起動し、変更セットを実行するまで [REVIEW_IN_PROGRESS] のステータスをレポートします。