メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

スタック名とパラメーターを指定します。

スタックテンプレートを選択したら、テンプレートで定義されたスタック名とパラメーターの値を指定します。

パラメーターを使用すると、スタックを作成時にカスタマイズできます。スタックテンプレートでパラメーター値を使用すると、リソースの構成方法を変更できます。そのようにすると、異なる設定を指定する場合に、複数のテンプレートでコードをハードコード化する必要がありません。AWS CloudFormation テンプレートのパラメーターの詳細については、「Parameters」を参照してください。

スタック名とパラメーター値を指定するには

  1. Specify Details] ページで、[Stack name] ボックスにスタック名を入力します。

    スタック名は、スタックのリストから特定のスタックを見つけるのに役立つ識別子です。スタック名には、英数字 (大文字と小文字が区別されます) とハイフンのみを使用できます。先頭の文字は必ずアルファベット文字とし、128 文字より長くすることはできません。

  2. [Parameters] セクションで、スタックテンプレートで定義されているパラメーターを指定します。

    デフォルト値を持つパラメーターを使用または変更できます。

  3. パラメーター値に関する操作が終了したら、[Next ] をクリックして、スタックのオプションの設定を続けます。

AWS 固有のパラメータータイプ

AWS 固有のパラメータータイプを含むスタックを作成すると、AWS CloudFormation コンソールにそれらのパラメーターの有効な値のドロップダウンリストが表示されます。パラメータータイプによっては、ID、名前、または Name タグの値によって値を検索することができます。たとえば、AWS::EC2::VPC::Id パラメータータイプを使用すると、特定の VPC ID (vpc-b47658d1 など) を検索することができます。VPC に名前がタグ付けされた場合 (Name:TestVPC など)、TestVPC を検索することもできます。現在のところ、Name キーが付いたタグ値のみ検索することができます。

注記

コンソールにドロップダウンリストが表示されないか、AWS::EC2::Image::Id パラメータータイプを持つ値を検索することができます。AWS CloudFormation は、入力値が有効な Amazon Elastic Compute Cloud イメージ ID であるかどうかのみ確認します。

パラメーターのグループ化とソート

コンソールには、入力パラメーターが論理 ID によりアルファベット順でリストされます。テンプレートを作成したら、AWS::CloudFormation::Interface メタデータキーを使用してデフォルトの順序を上書きできます。AWS::CloudFormation::Interface メタデータキーの詳細と例については、「AWS::CloudFormation::Interface」を参照してください。