メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS CloudFormation コンソールのスタックの確認とスタックのコストの見積り

スタック起動前の最後のステップは、スタックの作成中に入力された値を確認することです。スタックのコストを見積ることもできます。

  1. [Review] ページで、スタックの詳細を確認します。

    スタックを起動する前に値を変更する必要がある場合は、[Back] をクリックして、変更する設定のページに戻ります。

  2. (オプション) [Cost] リンクをクリックして、スタックのコストを見積ることができます。AWS 簡易見積りツールがスタックテンプレートの値と起動の設定を表示します。

  3. スタックの起動の設定と推定コストを確認したら、[Create] をクリックしてスタックを起動します。

    AWS CloudFormation スタックのリストに、CREATE_IN_PROGRESS というステータスでスタックが表示されます。

    スタックの作成中 (または作成後)、スタックの詳細ペインを使用してスタックのイベント、データ、またはリソースを表示することができます。スタックイベントの情報は 1 分ごとに自動的に更新されます。スタックの作成イベントを表示することで、スタックの作成 (または失敗、スタックをデバッグしている場合) につながる一連のイベントを理解することができます。

    スタックが正常に作成されると、ステータスが CREATE_COMPLETE に変わります。 次に (必要に応じて) スタックを選択して [Outputs] タブをクリックすると、テンプレートで定義してある場合はスタックの出力を表示することができます。