メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

スタックテンプレートの選択

[Create Stack] ウィザードを起動した後、スタックを作成するために AWS CloudFormation で使用するテンプレートを選択します。

AWS CloudFormation テンプレートは、スタックを構成する AWS リソースを指定する JSON または YAML 形式ファイルです。AWS CloudFormation テンプレートの詳細については、「AWS CloudFormation テンプレートの使用」を参照してください。

スタックのテンプレートを選択するには:

  1. [Select Template] ページで、次のオプションの 1 つを使用してスタックのテンプレートを選択します:

    [Design a template]

    AWS CloudFormation デザイナー ドラッグアンドドロップインターフェイスを使用して、テンプレートを作成するか変更します。詳細については、「AWS CloudFormation デザイナー とは」を参照してください。

    テンプレートの選択
    • サンプルテンプレートの選択.

      サンプルのリストから AWS CloudFormation テンプレートを選択します。テンプレートの説明については、「サンプルテンプレート」を参照してください。

      CloudFormer ツールを使用して既存の AWS リソースからスタックを作成するには、リストから CloudFormer を選択します。詳細については、「CloudFormer を使用したテンプレートの作成」を参照してください。

    • テンプレートを Amazon S3 にアップロードする

      ローカルコンピューターにある AWS CloudFormation テンプレートを選択します。[Choose File] を選択して、アップロードするテンプレートファイルを選択します。テンプレートは、最大サイズ 460,800 バイトまで許可されます。

      CLI または API を使用してスタックを作成すると、最大サイズが 51,200 バイトのテンプレートをアップロードできます。

      注記

      ローカルテンプレートファイルをアップロードすると、AWS CloudFormation によって AWS アカウントの Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットにアップロードされます。AWS アカウントの Amazon S3 アクセス権限があれば誰でもこのバケットにアクセスできます。AWS CloudFormation によって作成された S3 バケットがない場合は、テンプレートファイルをアップロードしたリージョンごとに一意のバケットが作成されます。AWS アカウントに、AWS CloudFormation によって作成された S3 バケットが既にある場合、AWS CloudFormation によってそのバケットにテンプレートが追加されます。

      手動でテンプレートを Amazon S3 にアップロードすることで、独自のバケットを使用してアクセス権限を管理できます。スタックを作成または更新する場合は、テンプレートファイルの Amazon S3 の URL を指定します。

    • Amazon S3 テンプレートの URL を指定する

      S3 バケット内のテンプレートの URL を指定します。

      重要

      テンプレートがネストされたスタック (たとえば、サブディレクトリにあるその他のテンプレートドキュメントで説明されているスタック) を含む場合、S3 バケットが必要なファイルとディレクトリを含んでいることを確認します。

      バージョニングが有効なバケットにテンプレートがある場合、https://s3.amazonaws.com/templates/myTemplate.template?versionId=123ab1cdeKdOW5IH4GAcYbEngcpTJTDW のようにテンプレートの特定バージョンを指定することもできます。詳細については、Amazon Simple Storage Service コンソールユーザーガイドの「バージョニングが有効なバケット内のオブジェクトを管理する」を参照してください。

      URL は、アクセス許可を読み込んだ S3 バケットで、スタックと同じリージョンに位置するものに格納されている、最大サイズ 460,800 バイトのテンプレートを指定する必要があります。URL には最大 1024 文字を含めることができます。

  2. を選択して設定を受け入れ、スタック名とパラメーターの指定操作に進みます。

    リソースを作成する前に、AWS CloudFormation がテンプレートを検証して、依存関係の循環などの構文エラーや意味的エラーを捕捉します。検証中に、AWS CloudFormation はテンプレートが有効な JSON であるかどうかをまず確認します。そうでない場合は、AWS CloudFormation はテンプレートが有効な YAML であるかどうかを確認します。両方のチェックが失敗すると、AWS CloudFormation はテンプレートの検証エラーを返します。