メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS CloudFormation の制限

AWS アカウントには、テンプレートとスタックを作成する場合に知っておく必要がある AWS CloudFormation の制限があります。これらの制限を理解することで、テンプレートまたはスタックの再設計が必要になる、制限によるエラーを回避できます。

AWS CloudFormation の制限

制限

説明

調整方法

cfn-signal の待機条件データ

cfn-signal が渡すことができるデータの最大量。

4,096 バイト

より多くの量のデータを渡すには、データをいったん Amazon S3 バケットに送信します。次に、cfn-signal を使用して、Amazon S3 URL をそのバケットへ渡します。

カスタムリソース応答

カスタムリソースプロバイダが渡すことができるデータの最大量。

4,096 バイト

Mappings

AWS CloudFormation テンプレートで宣言できるマッピングの最大数。

100 個のマッピング

さらに多くのマッピングを指定するには、たとえば、ネストされたスタックを使用して、1 つのテンプレートを複数のテンプレートに分離します。

マッピング

AWS CloudFormation テンプレートで宣言できる各マッピングのマッピング属性の最大数。

64 個の属性

さらに多くのマッピング属性を指定するには、1 つの属性を複数のマッピングに分離します。

マッピング名およびマッピング属性名

各マッピング名の最大サイズ。

255 文字

出力

AWS CloudFormation テンプレートで宣言できる出力の最大数。

60 個の出力

出力名

出力名の最大サイズ。

255 文字

パラメータ

AWS CloudFormation テンプレートで宣言できるパラメーターの最大数。

60 個のパラメーター

さらに多くのパラメーターを指定するには、複数の値を 1 つのパラメーターに割り当てるために、マッピングまたはリストを使用します。

パラメーター名

パラメーター名の最大サイズ。

255 文字

パラメーター値

パラメーター値の最大サイズ。

4,096 バイト

さらに大きなパラメーター値を使用するには、複数のパラメーターを作成した後、Fn::Join を使用して、1 つの値に複数の値を追加します。

リソース

AWS CloudFormation テンプレートで宣言できるリソースの最大数。

200 個のリソース

さらに多くのリソースを指定するには、たとえば、ネストされたスタックを使用して、1 つのテンプレートを複数のテンプレートに分離します。

リソース名

リソース名の最大サイズ。

255 文字

スタック

作成できる AWS CloudFormation スタックの最大数。

200 個のスタック

さらに多くのスタックを作成するには、不要なスタックを削除するか、AWS アカウントの最大スタック数の増加をリクエストしてください。詳細については、AWS General Referenceの「AWS サービスの限度」を参照してください。

リクエストのテンプレート本文のサイズ

CreateStackUpdateStack、または ValidateTemplate リクエストで渡すことができるテンプレート本文の最大サイズ。

51,200 バイト

さらに大きなテンプレート本文を使用するには、たとえば、ネストされたスタックを使用して、1 つのテンプレートを複数のテンプレートに分離します。または、テンプレートを Amazon S3 バケットにアップロードします。

Amazon S3 オブジェクト内のテンプレート本文のサイズ

Amazon S3 テンプレート URL を含む CreateStackUpdateStack、または ValidateTemplate リクエストに対して Amazon S3 オブジェクトを渡すことができるテンプレート本文の最大サイズ。

460,800 バイト

さらに大きなテンプレート本文を使用するには、たとえば、ネストされたスタックを使用して、1 つのテンプレートを複数のテンプレートに分離します。

テンプレートの記述

テンプレートの記述の最大サイズ。

1,024 バイト