メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

Fn::Base64

組み込み関数 Fn::Base64 は、入力文字列の Base64 表現を返します。この関数は通常、UserData プロパティを介して Amazon EC2 インスタンスにエンコードされたデータを渡すために使用されます。

宣言

JSON

Copy
{ "Fn::Base64" : valueToEncode }

YAML

完全名関数の構文:

Copy
Fn::Base64: valueToEncode

短縮形の構文:

Copy
!Base64 valueToEncode

注記

短縮形を使用し valueToEncode パラメーターにすぐに別の関数を含める場合、少なくとも 1 つの関数では、完全名関数を使用します。たとえば、次の構文は無効です。

Copy
!Base64 !Sub string !Base64 !Ref logical_ID

代わりに、次の例に示すように、少なくとも 1 つの関数では、完全名関数を使用します。

Copy
!Base64 "Fn::Sub": string Fn::Base64: !Sub string

パラメータ

valueToEncode

Base64 に変換する文字列値。

戻り値:

元の文字列 (Base64 表現)。

JSON

Copy
{ "Fn::Base64" : "AWS CloudFormation" }

YAML

Copy
Fn::Base64: AWS CloudFormation

サポートされている関数

Fn::Base64 関数内の文字列を変えるどの関数も使用できます。

以下の資料も参照してください。