メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

メタデータ

オプションの Metadata セクションを使用して、テンプレートの詳細を提供する任意の JSON または YAML オブジェクトを含めることができます。たとえば、次のコードスニペットに示すように、特定のリソースについてのテンプレートの実装の詳細を含めることができます。

重要

スタックの更新時に、Metadata セクションを単独で更新することはできません。更新できるのは、リソースを追加、変更、または削除する変更を含める場合だけです。

JSON

Copy
"Metadata" : { "Instances" : {"Description" : "Information about the instances"}, "Databases" : {"Description" : "Information about the databases"} }

YAML

Copy
Metadata: Instances: Description: "Information about the instances" Databases: Description: "Information about the databases"

メタデータキー

一部の AWS CloudFormation 機能は、Metadata セクションから定義した設定または設定情報を取得します。この情報は、次の AWS CloudFormation 固有のメタデータキーで定義します。

AWS::CloudFormation::Init

cfn-init ヘルパースクリプトの設定タスクを定義します。このスクリプトは、EC2 インスタンスでアプリケーションの設定とインストールを行う場合に便利です。詳細については、「AWS::CloudFormation::Init」を参照してください。

AWS::CloudFormation::Interface

AWS CloudFormation コンソールに表示される場合の入力パラメーターのグループ化と順序を定義します。デフォルトでは、AWS CloudFormation コンソールではパラメーターが論理 ID によりアルファベット順にソートされます。詳細については、「AWS::CloudFormation::Interface」を参照してください。

AWS::CloudFormation::Designer

AWS CloudFormation デザイナー (デザイナー) におけるリソースのレイアウトを記述します。この情報を使用してテンプレートを更新すると、デザイナー によりこの情報が自動的に追加されます。詳細については、「AWS CloudFormation デザイナー とは」を参照してください。

このページの内容: