メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS CloudFormation テンプレート形式

JSON または YAML 形式で AWS CloudFormation テンプレートを作成できます。AWS CloudFormation デザイナー を含むすべての AWS CloudFormation 機能と関数がサポートされています。

形式を選択する際は、一番作業しやすい形式を選択してください。YAML では、コメント機能など JSON にはない一部の機能が初めから提供されていることも考慮します。

重要

デザイナー のテンプレートに # YAML コメントを追加しないことをお勧めします。YAML テンプレートに # コメントがある場合、デザイナー は、テンプレートを JSON に変換する際にコメントを保持しません。また、デザイナー でテンプレートを変更する場合 (たとえば、キャンバスにリソースを移動する場合)、コメントは失われます。

デザイナー の外で作成した AWS CloudFormation テンプレートにコメントを追加できます。以下は、インラインコメントを使用した YAML テンプレートの例です。

Copy
AWSTemplateFormatVersion: "2010-09-09" Description: A sample template Resources: MyEC2Instance: #An inline comment Type: "AWS::EC2::Instance" Properties: ImageId: "ami-2f726546" #Another comment -- This is a Linux AMI InstanceType: t1.micro KeyName: testkey BlockDeviceMappings: - DeviceName: /dev/sdm Ebs: VolumeType: io1 Iops: 200 DeleteOnTermination: false VolumeSize: 20

各形式のテンプレート構文の詳細については、テンプレートの分析 を参照してください。

AWS CloudFormation は、次の JSON および YAML の仕様をサポートしています。

JSON

AWS CloudFormation は ECMA-404 JSON スタンダードに従います。JSON フォーマットの詳細については、http://www.json.org をご覧ください。

YAML

AWS CloudFormation は、いくつかの例外を除き、YAML バージョン 1.1 の仕様をサポートしています。AWS CloudFormation では、以下の機能はサポートされていません。

  • binaryomappairsset、およびtimestamp タグ

  • 別名

  • ハッシュ結合

YAML の詳細については、http://www.yaml.org を参照してください。