メニュー
AWS CloudFormation
ユーザーガイド (API Version 2010-05-15)

AWS CloudFormation スタックの更新

スタックの設定またはそのリソースを変更する必要がある場合は、スタックを削除して新しいスタックを作成する代わりに、スタックを更新します。たとえば、EC2 インスタンスのスタックがある場合は、スタックを更新してインスタンスの AMI ID を変更できます。

スタックを更新する場合、新しい入力パラメーター値や更新されたテンプレートのような変更を送信します。AWS CloudFormation によって、送信された変更とスタックの現在の状態が比較され、変更されたリソースのみが更新されます。更新のワークフローの概要については、AWS CloudFormation の仕組みを参照してください。

注記

スタックを更新する際に、更新するプロパティによっては、AWS CloudFormation によってリソースが中断されたり、更新されたリソースに置き換えられる場合があります。リソースの更新動作の詳細については、スタックのリソースの更新動作を参照してください。

更新方式

AWS CloudFormation では、スタックの更新に 2 つの方式を使用できます。直接更新または変更セットの作成と実行です。スタックを直接更新する場合は、変更を送信すると AWS CloudFormation によって即時にデプロイされます。更新を迅速にデプロイするには、直接更新を使用します。

変更セットを使用すると、AWS CloudFormation によってスタックに加えられる変更を事前に確認し、変更を適用するかどうかを判断できます。変更セットは、AWS CloudFormation によってスタックに加えられる変更を要約した JSON 形式のドキュメントです。AWS CloudFormation によって意図しない変更が加えられないことを確認したり、複数のオプションを検討する場合は、変更セットを使用します。たとえば、変更セットを使用して、更新中に AWS CloudFormation によってスタックのデータベースインスタンスが置き換えられないことを検証できます。